2050年の人口は100億人へ、食料どうまかなう?

現在でも8.2億人が栄養不足、持続可能な食に向けた報告書を公開

2019.08.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
急増する世界人口を支える食をどうまかなうか、新たな報告書が発表された。写真は、オランダの大規模生産施設におけるトマトの収穫。(PHOTOGRAPH BY LUCA LOCATELLI, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 2050年、世界の人口はほぼ100億人になるという最新予測を国連が発表した。現在の77億人から約30%増える計算だ。それだけの人口が健康に暮らせる食料を供給することは可能なのか。

 世界資源研究所(WRI)はこのほど、最新の報告書『Creating A Sustainable Food Future(持続可能な食の未来をつくる)』をまとめた。「達成するための道筋はあります。ですが、それは私たちの想像を超える大きな課題です」と、今回の報告書の共著者であるWRIのリチャード・ウェイト氏は話す。(参考記事:「90億人の食」

 現在、世界の植生がある土地のほぼ半分が、すでに農業に使われている。農業は、人間が使う水全体のうち90%を消費しており、地球温暖化をもたらす全排出物のおよそ4分の1を発生させている。それでも世界の8億2000万人が、今も栄養不足に陥っている。十分な食事が手に入らない、あるいは十分な食事を買う余裕がない人々だ。

「面積当たりの食料生産量を30%増やし、森林破壊を止め、食料生産による炭素排出量を3分の1にしなければならないのです」とウェイト氏は言う。

 これらすべてを、貧困を減らしつつ、生態系や淡水を損なわず、農業による環境汚染を防ぎながら行わなければならない。(参考記事:「地下水が危機、今世紀半ば18億人に打撃」

「特効薬はないのです。土地をこれ以上農地に転換するのを防ぐには、飼料や放牧管理を改善したり、多毛作や育種技術を向上させる必要があります。例えば、ゲノム編集技術を使えば、収量が最大になるような作物を開発できる可能性があります。私たちは、あらゆることをやる必要があるのです」

 ウェイト氏が言う「あらゆること」は、22個の解決策として565ページにもわたる報告書で詳述されている。今回提案された解決策の一部は以下の通り。

次ページ:提案された4つの解決策

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

食材の科学

菜食とスーパーフードの魅力再発見

「ナショナル ジオグラフィック別冊」シリーズの第2弾。米国でブームの野菜や果物中心のヘルシーな食生活をカラフルな写真とともに紹介するムックです。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加