衛星が生まれる瞬間を初観測か しかも太陽系外

太陽系から370光年離れた惑星に、周囲を覆うちりの円盤。衛星誕生の兆候

2019.07.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
恒星系「PDS 70」の想像図。大きな惑星を取り巻く塵の円盤は、新しい衛星が生まれる兆候かもしれない。(ILLUSTRATION BY S. DAGNELLO, NRAO/AUI/NSF)
[画像のクリックで拡大表示]

 太陽系外の巨大な惑星に衛星が誕生する瞬間と見られる画像が、初めて撮影された(画像は2ページ目に掲載)。 (参考記事:「初の「系外衛星」を発見か、約4000光年先の惑星」

 チリのアルマ望遠鏡が撮影した画像には、地球からおよそ370光年離れた小さな恒星を回る若い惑星が写っており、しかもその惑星を取り巻くように塵(ちり)とガスの円盤が包んでいるように見えるのだ。ちなみに私たちの太陽系に関して言えば、今から数十億年前、木星の数多くの衛星が今回、観測された現象と同じような構造で生み出されたと考えられている。 (参考記事:「研究室 こんなにすごいアルマ望遠鏡 河野孝太郎」

「この大きな惑星の周囲には、複数の惑星級の大きさの衛星が形成されようとしている可能性は高いでしょう」。先日、学術誌「The Astrophysical Journal Letters」に発表された研究を主導した、米ライス大学のアンドレア・イセラ氏の言葉だ。

「巨大な惑星が、その周囲に衛星を形成する巨大な円盤を持つことは、十分に考えられます」と話す、米スタンフォード大学のブルース・マッキントッシュ氏も、次のように続ける。「この研究の結論は非常に興味深いものです。その可能性は十分高いと言えます」

 米ハーバード・スミソニアン天体物理学センターのショーン・アンドリューズ氏も、この画像が、系外惑星の衛星の誕生を初めて写したものだとする見方に同意している。

惑星を覆う円盤

 恒星の周囲を覆う塵の雲は、これまでも数多く観測されている。こうした構造体は「星周円盤」と呼ばれ、惑星が形成されると考えられている。生まれたばかりの惑星は星周円盤に筋を刻むと考えられており、その痕跡とみられる画像をアルマ望遠鏡は数多く撮影している。ただ、塵からどのように惑星が生まれるのか、その具体的なプロセスについては未解明のままだ。

 しかし、惑星自体を取り囲む円盤が観察されたことは一度もなかった。太陽系外にある惑星を直接撮影することだけでも難しいのに、若い惑星を包むモヤモヤとした塵の雲をとらえるのは、それ以上に困難だからだ。

【動画】太陽系外惑星101
太陽系外惑星にはどんな種類があるのか、どうやって見つけるのか、銀河系にはいくつの星系があるのかなどの基礎知識を学ぼう。(解説は英語です)

次ページ:写っているのは、本当に惑星の周りを回る塵なのか?

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

宇宙の真実

地図でたどる時空の旅

宇宙の今が全部わかる!太陽系の惑星から宇宙の果て、さらに別の宇宙まで、どのような構造になっているのか、なぜそのような姿をしているのかを、わかりやすく図解で解き明かす。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加