イヌもブタも人間とコミュニケーションをとることができるが、ブタは食べ物が絡むときの方が熱心になるようだ。(解説は英語です)

 近年、ペットとしてブタを飼う人が増えている。米国とカナダで飼育されているいわゆる「ミニブタ」の数は、1998年の20万匹からおそらく100万匹まで増加している。

 ここで「いわゆる」をつけたのは、ミニブタという種は存在しないからだ。ミニブタは小型のブタの総称ではあるものの、ペットとしては「ミニ」というほど小さくない。一部の無責任なブリーダーに騙されて、それを知らずにブタを購入する人がたくさんいる。

 ミニであろうとなかろうと、すべてのブタは大きくなる。そして、大きくなったブタの大半がシェルターで生涯を終えるか、安楽死させられている。専門家はミニブタを飼おうと考えている人々に対して、飼育に伴う責任とリスクを十分に理解するよう助言している。(参考記事:「小さなミニブタの大きな問題」

 とはいえ、相棒としてブタを飼う人が増えているなかで、ブタが飼い主とどのぐらい交流できるかを知るのは重要だ。

 このほど、それぞれ生後4カ月の子ブタと子イヌが、人間の合図にどのように反応するかを比べた実験結果が学術誌「Animal Cognition」に発表された。

 イヌと比べたのは、人間とのコミュニケーションに関する研究がたくさんあると同時に、ブタとイヌに共通点が多いからだ。ブタもイヌも知能が高く、友好的で、しばしば魅力的なペットになる。

次ページ:イヌのほうが立場は有利だが

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

動物の心

知性 感情 言葉 社会

知性、感情、言語、社会などのカテゴリーで、動物たちが何を考え、何を感じ、どんな知識を獲得しているのか、最新の興味深いエピソードに触れながら解説します。

定価:本体1,400円+税