人食いライオンの原因にも、実は怖いヤマアラシ

100人以上襲った「ツァボの人食いライオン」も被害者だった、研究

2019.07.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
顔や首にヤマアラシの針が刺さっているライオン。南アフリカ、カラハリ・トランスフロンティア公園で撮影。(PHOTOGRAPH BY TONY HEALD, MINDEN PICTURES)

 1965年、雑誌「アウトドア・ライフ」にケニア人ハンターがライオンに襲われたという記事が掲載され、このライオンは「ダラジャニの人食い」として一躍有名になった。1965年は深刻な干ばつのせいで獲物が減っており、ライオンが人間を襲う事件がケニア南部で複数発生していた。

 ただし、ダラジャニの人食いにはある特徴があった。ヤマアラシの針が鼻に刺さっていたのだ。

 このたび、ライオンとヤマアラシとの関係について初めて本格的な調査が行われ、ライオンが受ける被害とその意外な影響が明らかになった。論文は学術誌「Journal of East African Natural History」5月号に掲載された。(参考記事:「動物大図鑑:ヤマアラシ」

 米シカゴにあるルーズベルト大学の研究者で研究チームを率いたジュリアン・カービス・ピーターハンス氏は、ダラジャニの人食いの死骸を詳しく調査し、ヤマアラシの針が鼻の中に15センチ以上突き刺さり、脳のすぐ近くまで達していたことを発見した。

 このライオンが人を襲った原因が、ヤマアラシの針にあることはほぼ間違いないと、カービス・ピーターハンス氏は言う。鼻に針が刺さったライオンはうまく狩りができず、徐々に衰弱して、追い詰められた末に人間を狙うようになったのだろうと、氏は推測する。(参考記事:「ライオン 生と死の平原」

1965年、ケニア人ハンターを殺して「ダラジャニの人食い」と呼ばれたライオン。鼻からヤマアラシの針が突き出している。(PHOTOGRAPH BY JOHN PERROTT)

 論文によれば、ライオンは通常、ヤマアラシを避けており、獲物が不足しない限りは手を出さない。ヤマアラシを狩ろうとすれば、ライオンは重大なけがや、最悪の場合は死の危険にさらされる。そしてけがをしたライオンは、人間、ウシ、ウマなどを襲うようになるという。(参考記事:「動物大図鑑:アフリカライオン」

次ページ:1898年にもやはり干ばつがあった

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

にわかには信じがたい本当にあったこと

ナショナル ジオグラフィックが伝える驚天動地の地球の姿。宇宙、人体、怪物、歴史、動物、水中など、幅広いテーマから驚きの事象・奇妙な生き物を紹介。

定価:本体2,000円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加