一軒家に設置されることが多い鳥の餌台(バードフィーダー)は、野鳥に悪影響を及ぼす可能性がある。だが、それを上回るメリットがあるかもしれない。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像をタップでギャラリー表示]

 野生動物を呼び寄せて楽しむために、米国ではマンションのベランダに鳥の餌台(バードフィーダー)を置いたり、裏庭にやってくるシカのために給餌器を設置ししたりする人が少なくない。

 しかし、これは動物にとっても人間にとっても危険だと、専門家たちは忠告する。

 餌場は、狭くて様々な動物がやってくることから、病気や寄生虫を広げる温床となりかねない。そう話すのは、米ペンシルベニア州狩猟委員会の野生生物学者、ジャニーン・フリーグル氏だ。

 例えば、シカを死に至らしめる慢性消耗病(CWD)は、餌場に動物たちが集まることで尿、唾液、糞などが混じり合い、それとの接触で感染が広がると研究者たちは考えている。

「シカを引き寄せるための餌は、直接的または間接的に、シチメンチョウやリス、アライグマ、ネズミ、スカンク、キツネなども呼び寄せることになります」とフリーグル氏は言う。「シカだけでなく他の動物にとっても、餌場は病原菌への接触と感染のリスクを高めるのです」

 犬ジステンパー、パルボウイルス、レプトスピラ症、アライグマ回虫、鳥ポックスなどはすべて、餌場で広がる可能性のある病気または寄生虫だ。

「一般に、野生動物に餌をやるのは良いことではありません。どんな動物だろうと、あなたがどこに住んでいようと関係ありません」とフリーグル氏は警告する。(参考記事:「野生動物と出合う季節 ちょうどいい距離を知る」

次ページ:人間がいれば食べ物にありつける?

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 鳥の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

色も姿も多様な鳥たちの写真約350枚、280種以上を収録。世界各地の珍しい鳥、美しい鳥、変わった鳥など、まだまだ知られていない鳥を紹介します。 ※バッジ付きは、日経BP SHOP限定です。

定価:本体2,600円+税