ダビデの敵ゴリアテも、ペリシテ人のルーツを解明

100年続いた論争ついに決着か、遺伝子分析で

2019.07.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年に今日のイスラエル南部にあたるアシュケロンの遺跡で古代ペリシテ人の共同墓地が発見されたのを機に、新しいDNA研究が始まった。

 古代ペリシテ人のDNAが初めて分析され、旧約聖書に登場するイスラエル人最大の敵とも言える民族のルーツとその末路について、かつてない発見があった。7月3日付けの学術誌「Science Advances」誌に論文が発表された。

 イスラエル人であるヘブライ語聖書(旧約聖書)の作者たちは、ペリシテ人は自分たちとは違うと断言している。ヘブライ語聖書の数カ所で、この「割礼を受けていない」人々は「カフトルの地(クレタ島)」からやってきて、現在のイスラエル南部とガザ地区の沿岸部を支配したとされる。彼らは隣りの地に住むイスラエル人と戦争をし、イスラエル人が大切にしている「契約の箱」(モーセの十戒が刻まれた石板を納めた箱、「アーク」とも)を奪うことさえした。(参考記事:「ノアの箱舟、契約の箱、エデン… 謎の現場を探る」

 聖書に登場するペリシテ人には、のちにイスラエルの王となる少年ダビデに倒された巨人兵ゴリアテや、イスラエルの怪力の英雄サムソンの髪の毛を切って力を奪った女デリラがいる。(参考記事:「ダビデとゴリアテの戦いの地を発見か」

 現代の考古学者も、ペリシテ人はイスラエル周辺の民族とは違っていたと考えている。彼らが紀元前12世紀初頭によそからやってきたことは、古代ギリシャ風の陶器や、セム文字ではなくエーゲ文字を使用していたこと、豚肉を食べていたことなどからわかる。

 多くの研究者は、ペリシテ人を「海の民」の活動と結びつけている。海の民は謎の民族連合で、エジプトなどの歴史的文献によると、紀元前13世紀から前12世紀にかけての青銅器時代末期に地中海東岸に大きな被害をもたらしたという。(参考記事:「古代イスラエル、ソロモン王の銅山の証拠発見か」

次ページ:「ついに人々の移動をとらえた」

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

伝説の謎

事実かそれとも空想か

伝説は史実なのか、それとも作り話か。歴史上の有名な伝説に改めてメスを入れ、本当にあった出来事か、当時の人々の想像の産物だったのかを明らかにする。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加