花火はこうして進化した 中、伊、米の歴史

日本のように数多く花火大会が開かれるわけではない、米国で花火の日と言えば?

2019.07.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米ニューヨークのブルックリン橋から打ち上げられた花火。(ILLUSTRATION BY PICTURENOW, UNIVERSAL IMAGES GROUP/GETTY)

 全米の空を、さまざまな色や形の花火が彩る夜がある。7月4日、独立記念日の夜だ。一部の米国民にとって花火は愛国心の象徴になっていて、自治体のイベントや一般家庭の裏庭で数多くの花火が打ち上げられる。(参考記事:「アメリカ独立記念日:歴史と現在」

 しかし、なぜ花火が独立記念日に打ち上げられるようになったのだろう? そもそも花火はどこからやって来たのだろう?

中国で爆竹が誕生

 花火の起源をさかのぼると、紀元前の中国にたどりつく。古代の中国の人々が竹を火の中に投げ込んだことをきっかけに、爆竹が生まれた。爆竹の音に魔よけの効果があると考えられていたようだ。そして、西暦600年ごろ、中国の錬金術師が炭、硫黄、カリウムといった物質から火薬を発明。竹筒に詰めて点火するという用途を考案した。

 その後、火薬は国境を越え、さまざまな国へ伝播していく。中世にはイタリア、英国などのヨーロッパ諸国で観賞用の花火がつくられるようになり、祝祭日のほか、王家の結婚式や即位式、誕生会で打ち上げられた。そして、1776年7月4日、米国が独立を宣言。建国の父の一人であるジョン・アダムズと「Virginia Gazette」紙の記述によれば、その翌年、元入植者たちが独立1周年を記念して花火を打ち上げたという。(参考記事:「アメリカ独立記念日、俗説の真相」

家族経営

 現在のような色鮮やかな打ち上げ花火ができたのは1830年代。イタリア人が金属と火薬を組み合わせ、色のついた花火をつくった。

 現在、米国で最も大きく、最も歴史がある二つの花火メーカー「ファイアーワークス・バイ・グルッチ」と「ザンベリ・ファイアーワークス」も、このころにイタリアで頭角を現した。

 グルッチ社CEOフィル・グルッチ氏によると、イタリアでは家族経営の花火メーカーが多く、花火大会などに積極的に参加していたという。こうした大会では、花火を1発だけ打ち上げ、デザイン、音、大きさ、色といった要素をもとに勝者が決められた。そうして花火メーカーは花火の玉に火薬を入れる順番を工夫し、はっきり認識できる形や絵柄を空に描き出した。

次ページ:イタリアから花火がやってきた

【ギャラリー】18~19世紀の世界の花火絵10点(画像クリックでギャラリーへ)
1700年代の東京、隅田川。両国橋から花火が打ち上げられ、花のように開いている。(ILLUSTRATION BY FINE ART IMAGES, HERITAGE IMAGES/GETTY)

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

プロが教える夜景写真

撮影スポット&テクニック

夜景写真は難しくない! 約2000カ所のスポットを巡った著者による夜景撮影の完全ガイド。 全国の美しい夜景写真が撮れる撮影スポットを多数紹介。 撮影に必要な知識やテクニックも掲載。

定価:本体1,950円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加