【動画】海水を吸って膨らみ息止める魚、初の発見

最長4分間、体は最大30%膨張、「棺桶魚」こと深海魚のフサアンコウ

2019.07.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
呼吸を止めるフサアンコウ。(US DOC/NOAA/OAR/OER US DOC/NOAA/OAR/OER)

「棺桶魚」という英名をもつ魚がいる。真っ暗な深海底で繁栄できるように進化した、奇妙な姿のフサアンコウだ。

「海のヒキガエル」と呼ばれることもあるこの深海の住人たちが、海底を「歩く」ための特殊なひれを持つことはすでに知られていた。だが、このほど学術誌「Journal of Fish Biology」に掲載された新たな論文で、フサアンコウの秘密がまた1つ明らかになった。(参考記事:「【動画】「歩く魚」を撮影、種は不明」

 えらが収まった鰓室(さいしつ)を海水で大きく膨らませ、酸素を多く取り込み、最大で4分間も呼吸を止められるというのだ。魚類で初めて見つかったこの行動は、餌の乏しい環境でエネルギーを節約する方法なのかもしれない。

「すごいですよ。他のどんな魚も使っていないような方法です」。論文の共著者で、米ハワード大学の生物学助教、ステイシー・ファリーナ氏はこう話す。例えば、フグが大量の海水を吸い込んで膨らませるのは、伸縮自在の胃だ。(参考記事:「深海の希少フサアンコウ、初の詳細研究」

 深海生物のこうした適応を研究することは、極限環境で生きる生物が進化させてきたさまざまな方法を解明する助けにもなる。

 アンコウ目に属するフサアンコウ科には、20種余りが含まれる。世界各地の海で見られ、深いところでは水深2500メートルでも生息している。

「この魚は、海底で生きるのに完全に適応しています。めったに泳ぎません」。論文の共著者で、米国ペンシルべニア州、ディキンソン大学で生物学の学部生として研究に携わったニック・ロング氏はこう話す。「怠け者と呼ぶ人までいます」(参考記事:「深海魚ハナトゲアシロの奇妙な容貌が話題」

次ページ:肺を腹部全体まで膨らませるようなもの

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

unknown(未知の海)

20年以上、世界各地の海の写真を発表してきた水中写真家、鍵井靖章が今回選んだテーマは、見たことのない「未知の海」。232ページ、写真193点の大ボリュームで魅せる水中の絶景を、五つの切り口で存分に味わえます。

定価:本体3,200円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加