ベルギーで発見されたネアンデルタール人の顎骨。この骨から抽出されたDNAの分析により、彼らがヨーロッパを横断してアジアに入った時期が明らかになった。(PHOTOGRAPH BY J. ELOY, AWEM, ARCHÉOLOGIE ANDENNAISE)
[画像をタップでギャラリー表示]

 1856年、ドイツのネアンデル谷の石灰岩の採石場で、奇妙な骨が発見された。現生人類(ホモ・サピエンス)に似ているものの、目の上の突起が盛り上がり、骨格がたくましかった。8年後、科学者たちは、この化石が現生人類とは別種の「ホモ・ネアンデルタレンシス」と確認した。いわゆるネアンデルタール人だ。

 その後の発見からネアンデルタール人については、住んでいた場所から子育て、芸術作品まで明らかになりつつある。そして今回、科学者たちはヨーロッパで出土したネアンデルタール人の化石2体からDNAを抽出、彼らが先史時代の地球を移動した経路を、より詳しく明らかにすることに成功した。(参考記事:「【解説】世界最古の洞窟壁画、なぜ衝撃的なのか?」

 ネアンデルタール人の祖先は、少なくとも50万年前に現生人類の祖先と分岐してから、ヨーロッパ全域に広がり、西南アジアと中央アジアに進出した。2019年6月24日付け学術誌「Science Advances」に発表された論文によると、今から12万年前のヨーロッパに生きていた2人のネアンデルタール人の遺伝子は、ずっと後の時代のネアンデルタール人の遺伝子と驚くほどよく似ていたという。その上、一方の個体には珍しいDNAもあり、別の人類と交配していたことも示唆された。

 論文の著者の一人、ドイツのマックス・プランク進化人類学研究所のカイ・プリューファー氏は今回の発見について、ネアンデルタール人の移動や他の種との関係を解き明かすヒントになると説明する。「つなぎ合わせることのできなかった歴史の断片をつなぎ合わせることができたのです」

DNAの分析から驚きの事実が続々と

 過去の研究から、ネアンデルタール人は、ヨーロッパ全域からアジアまでの広い範囲で交配しており、遺伝学的によく混ざり合っていたと考えられている。ただし、その根拠となったデータは、約4万年前にネアンデルタール人が絶滅した頃の試料から得られたものがほとんどだった。(参考記事:「ネアンデルタール人の絶滅は4万年前?」

 古い時代のネアンデルタール人にはほかにも見落とされている点があると研究チームは考えていた。例えば、シベリアのデニソワ洞窟(ここで発見された大きな歯をもつ人類はデニソワ人と命名された)では、12万年前のネアンデルタール人の化石骨が発見されている。アルタイ・ネアンデルタール人と呼ばれるようになったこの個体のゲノムは、ヨーロッパの後期ネアンデルタール人のゲノムとは大きく異なっていた。

【動画】ネアンデルタール人とは何か
私たち現生人類にもネアンデルタール人のDNAがいくつかあるというのは本当なのだろうか? ネアンデルタール人と、その特徴や道具、そして、私たちの進化の歴史との関わりについて知ろう。(解説は英語です)

次ページ:驚きの分析結果

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

にわかには信じがたい本当にあったこと

ナショナル ジオグラフィックが伝える驚天動地の地球の姿。宇宙、人体、怪物、歴史、動物、水中など、幅広いテーマから驚きの事象・奇妙な生き物を紹介。

定価:本体2,000円+税