サルにも「石器時代」、3000年継続中で石器も変化

ブラジルのセラ・ダ・カピバラ国立公園にすむ野生のヒゲオマキザルは、少なくとも3000年前から石を道具として使用してきた。しかも、その石器は時とともに変化してきたという。(PHOTOGRAPH BY TIAGO FALÓTICO)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー