米ミズーリ州にあるオザークチンカピン財団の試験区画。胴枯病(どうがれびょう)に耐性のあるチンカピンが復活の兆しを見せる。ごく小さなチンカピンの苗木は白い筒に入れられ、左手に比較的大きくなった幼木が育っている。(PHOTOGRAPH BY BRAD SPUDICH)
[画像をタップでギャラリー表示]

「車に乗る前に、目隠しをしてもらいますからね」と、スティーブ・ボスト氏は言った。

 米国ミズーリ州立公園で自然ガイドを務めるボスト氏に、クリの仲間、オザークチンカピンの木がある場所まで車で案内してもらうときのことだった。冗談めかしているが、場所を明かすわけにはいかない理由がある。ボスト氏は絶滅のふちにあったオザークチンカピンを独自の手法によって蘇らせるため奮闘を続け、その努力が実を結びつつあるからだ。

 ボスト氏の車は、緩やかな起伏が続くオザーク高原の奥深く、人気のない泥道が途切れたところで止まった。このあたりのどこかで、一帯の森にいくらでもあったオザークチンカピンが人目につかないようひっそりと育てられている。1900年代半ばにクリ胴枯病(どうがれびょう)で壊滅的な被害を受けたオザークチンカピンは、すでに種として繁殖する力を失っていると考えられてきた。しかし、2000年代、ボスト氏によって数少ない生き残りが発見されたのだ。

 ボスト氏は、ブヨの群れを寄せ付けないため、スパイスブッシュの葉で顔をぬぐう。自然の防虫剤だ。森の中をしばらく進むと、よく日の当たる岩がちな斜面に出た。日照りで枯れた木々が、周囲をぐるりと囲む。尾根の上に位置するこの場所に、ボスト氏は9年前から試験区画として手を入れ始めた。現在、ここでは117本のオザークチンカピンの若木が育っている。中には、成木の半分ほどの高さにあたる9メートルまで成長した個体もある。

 1930年代、40年代には、オザークチンカピンは類似種のアレゲニーチンカピンとは別の独立した種ではないかという論議を経て、正式に別種であることを確認。「Castanea ozarkensis」という学名が与えられた。その後、クリ胴枯病がミシシッピ川を越えてミズーリ州に入り込んだことで、オザークチンカピンは一気に絶滅の危機に追い込まれたのだ。後に残されたのは、切り株から生える芽だけだった。だが、これらの芽も数年育つと胴枯病に感染し、結局、実を結ぶ前に根まで枯れてしまう。いくら芽が生えても、種の維持はできないのだ。

次ページ:チンカピン復活へ、前例のない挑戦

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

心に響く 樹々の物語

ナショナル ジオグラフィックの写真家が、2年をかけて五大陸をまわり、物語のある美しい樹木を集めました。

定価:本体2,750円+税