執念実るか 絶滅と思われた米国のクリの木を再生

米ミズーリ州にあるオザークチンカピン財団の試験区画。胴枯病(どうがれびょう)に耐性のあるチンカピンが復活の兆しを見せる。ごく小さなチンカピンの苗木は白い筒に入れられ、左手に比較的大きくなった幼木が育っている。(PHOTOGRAPH BY BRAD SPUDICH)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー