歯ブラシの驚きの歴史、かつては贅沢品だった

リサイクルが難しい生活必需品、プラスチックの物語

2019.06.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】歯ブラシとプラスチック問題
歯ブラシの形は昔からほとんど変わっていない。違っているのは素材だ。今日使われている歯ブラシのすべてが、少なくとも一部はプラスチックからできている。歯ブラシについて学び、小さな歯ブラシが環境に及ぼす影響を知ろう。(解説は英語です)

 昔は海岸にプラスチックごみが落ちていることはめったになく、ときどきストローやテイクアウト用容器が見つかる程度だった。ハワイの海岸で清掃活動を行っている「サステイナブル・コーストラインズ・ハワイ」の設立者カヒ・パカロ氏はそう言った。けれどもある日、彼は海岸で意外なごみを拾った。歯ブラシだ。

 今では、ハワイのどの海岸で清掃を行っても、20本から100本の歯ブラシを拾うことが珍しくないという。

 理由は簡単だ。1930年代に最初のプラスチック製歯ブラシが作られて以来、その生産・使用・廃棄量が年々増加しているからだ。(参考記事:「忍び寄るマイクロプラスチック汚染の真実」

「私はよく『あなたが毎朝最初に触れるものはなんですか?』と尋ねます。たぶんそれは歯ブラシでしょう」とパカロ氏は言う。「毎日最初に触れるものがプラスチックなんて、どうなのでしょうね」

 歯ブラシに相当するものは何百年も前からあったが、当時は天然素材から作られていた。しかし、プラスチックの革新に浮かれていた20世紀初頭に歯ブラシメーカーがナイロンやその他のプラスチックを使用するようになると、天然素材のことはすっかり忘れてしまった。

 今や、プラスチックは歯ブラシのデザインになくてはならないものであり、私たちは合成樹脂に触れることなく歯磨きができないほどになっている。そして、プラスチックは基本的に分解されないため、焼却されたりしない限り、1930年代から今日までに製造された歯ブラシのほとんどすべてがごみとして地球のどこかに残存している。(参考記事:「あなたは既に大量のプラスチック片を食べている」

 今、一部のデザイナーは、私たちの生活に欠かせない歯ブラシという日用品を、もっと地球に優しいものにする方法を模索している。しかし、歯ブラシ問題の解決策を見出すためには、この状況に至る経緯を理解しておく必要があるだろう。(参考記事:「使い捨てプラスチックの削減を、米版編集長が声明」

次ページ:史上最高の発明?

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2018年6月号

海に流れ出るプラスチック/プラスチック4つの視点/タンチョウ/消えた入植者たちの影/サッカーボールを追って/極北の野生に迫る危機

地球か、それともプラスチックか? ナショジオはプラスチック問題に取り組むことを宣言します。鳥シリーズ「タンチョウ」ほか魅力的な特集を満載。特製ポスター付き!ワールドカップ目前「スタジアムの過去・現在・未来」

価格:本体1,170円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加