英スコットランド、アーニッシュ湖に浮かぶクラノグ(人工島)の近くで発見されたほぼ無傷の新石器時代(紀元前3500年頃)の土器。持っているのはダイバー。(PHOTOGRAPH BY C. MURRAY)
[画像をタップでギャラリー表示]

 新石器時代の英国(紀元前4000年〜2500年)の研究となれば、謎めいた話を多少は期待するだろう。新石器時代のブリテン諸島に人が住み農耕を行っていたのは、文字が伝わるずっと前だった。そのため、彼らの生活を伝える記録は遺物のみだ。

 実際、彼らは多くの遺跡を残した。ストーンヘンジやオークニー諸島のストーンサークルなど、建設に途方もない労力が必要だったものもある。だが、これらの遺跡の背後にある文化的慣習や真の目的は、ほとんどわかっていない。(参考記事:「ストーンヘンジの原点 最果ての巨石文明」

 今回、考古学者が頭をかきむしりたくなるような、まったく新たな種類の新石器時代の遺跡が見つかったかもしれない。人工島である。

 これらの人工島は、一般にクラノグと呼ばれ、スコットランドとアイルランドの多数の湖や水路に点在している。そのほとんどは、鉄器時代(紀元前800年〜紀元43年)に作られたとずっと考えられてきた。

 ところが、6月12日付けで学術誌「Antiquity」に発表された論文によると、スコットランドにある600近いクラノグの少なくともいくつかは、それよりはるかに古いものであると判明した。従来考えられていたよりも3000年近く古く、間違いなく新石器時代のものだという。しかも、その手がかりとなった遺物は、当時の人々の営みを示している可能性がある。(参考記事:「ストーンヘンジ期のブタ宴会、全島イベントだった」

[画像をタップでギャラリー表示]

次ページ:「これほどのものは見たことがありません」

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

伝説の謎

事実かそれとも空想か

伝説は史実なのか、それとも作り話か。歴史上の有名な伝説に改めてメスを入れ、本当にあった出来事か、当時の人々の想像の産物だったのかを明らかにする。

定価:本体1,400円+税