新種のピノキオガエル、鼻が勃起、目的は謎

「精巧な器官で必ずや何らかの目的があるはず」と研究者、ニューギニア島

2019.06.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インドネシア、ニューギニア島のフォジャ山脈で見つかった奇妙なアマガエルが、新種の「ノーザンピノキオフロッグ(Litoria pinocchio)」として報告された。(PHOTOGRAPH BY TIM LAMAN, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 ニューギニア島の森で見つかった奇妙なアマガエルが、このたび正式に新種として報告された。

 オスの鼻先が角のように飛び出しているこのカエルは、学名を「リトリア・ピノッキオ(Litoria pinocchio)」、通称「ノーザンピノキオガエル」という。

 オーストラリア、クイーンズランド博物館とグリフィス大学の爬虫両生類学者ポール・オリバー氏が、世にも珍しいこのカエルを発見したのは2008年。インドネシア、ニューギニア島のフォジャ山脈を調査していたときだった。(参考記事:特集「秘境フォジャ山脈」

 キャンプで雨宿りをしていたオリバー氏が何気なくあたりを見回した拍子に、緑、茶、黄色のまだら模様のカエルが、米袋の上にちょこんと座っているのを見つけたのだという。

「わたしたちが見つけたというよりも、あちらがわたしたちを見つけたようなものです」とオリバー氏は言う。この新種のカエルは、学術誌「Zootaxa」の最新号の論文で、正式に「Litoria pinocchio」と命名された。

 ニューギニア島にはこのほかにも、鼻先が角のようになった同属のアマガエルが、数種生息している。オリバー氏のチームは、同じく「Zootaxa」に発表したもう一本の論文で、さらに2つの新種を報告している。(参考記事:「新種の極小カエルを発見 ホチキスの針サイズ」

次ページ:「特筆すべきは、この鼻が勃起性であることです」

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2019年6月号

観光と動物とSNS/センザンコウ 密売の実態/密猟と闘う女性レンジャー/生命を育む“海藻の海”/森林火災に飛び込む消防隊

特別レポート「動物たちの悲鳴」ではSNS人気の影で過酷な環境下に置かれる動物たち、密猟を撲滅すべく立ち上がった女性レンジャーの奮闘ぶりなど、動物たちを取り巻く様々な問題を総力取材。この他、スモークジャンパーに密着した「森林火災に飛び込む消防隊」など特集5本を掲載。

定価:本体1,028円+税

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:本体3,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加