椎の化石を南半球で初めて発見、なぜすごい?

実をつけたシイの穂の化石の拡大写真。黒く見える4個の実は石炭になっており、殻斗と呼ばれる鱗状の構造に包まれている。写真上部の殻斗は、割れて開いている。(PHOTOGRAPH BY PETER WILF, PENN STATE)

【元の記事へ戻る】