プラスチックは、食料生産のあらゆる場面で使われている。写真のカメルーンの農園では、バナナに傷が付くのを防ぐためポリ袋をかぶせている。(PHOTOGRAPH BY UNIVERSAL IMAGES GROUP, GETTY IMAGES)
[画像をタップでギャラリー表示]

「マイクロプラスチック」と科学者が呼ぶプラスチックの破片はどこにでも存在する。海底やビーチの砂だけでなく、風にも混入し、さらには人体からも見つかっている。

 2018年10月には、人間もプラスチックを気づかずに摂取しているかを調べる予備調査で、調査に参加した8人全員の排泄物からマイクロプラスチックが見つかった。(参考記事:「人体にマイクロプラスチック、初の報告」

 2019年6月5日付けで学術誌「Environmental Science and Technology」に発表された論文によれば、人は年間3万9000〜5万2000個のマイクロプラスチックを食物とともに摂取するという。呼吸で吸い込む量も考慮すれば、その数は1年で7万4000個を超えるというのだ。

 一般に、マイクロプラスチックとは5ミリ未満のプラスチック片を指すが、その大部分は顕微鏡でしか見えないほど小さい。

 今回の研究では、ビールや塩、魚介類、砂糖、酒、蜂蜜に含まれるマイクロプラスチック量を調べた既存の研究をベースにした。これらの食物を、人間1人が1年で摂取する量(米国農務省の推奨値を参照している)を基にして、私たちが知らず知らずのうちに摂取するマイクロプラスチックの量が算出された。

 ただ、これらすでに調べられている食品からわかるのは、平均的な人の消費カロリーの15%にあたる部分だけだ。 (参考記事:「9割の食塩からマイクロプラスチックを検出」

 研究では、さらに水道水や空気中に存在するマイクロプラスチックを調べた研究も調査した。その結果、米農務省が推奨する量の水道水を飲むと、さらに毎年4000個のマイクロプラスチックを摂取することになることが判明した。ペットボトル入りの水だけを飲んだとした場合は、さらに増え、その数は9万にも上ることになるという。

 論文の著者キーラン・コックス氏は、この値は少なく見積もった結果で、実際のマイクロプラスチック摂取量は、もっと多い可能性があるとしている。

「調査した食物の多くは、生で食べるものです。何層ものプラスチックで包装されたような食品は、含まれていません」と同氏は話す。「これらまで加えれば、さらに多くのマイクロプラスチックを摂取することになるでしょう」(参考記事:「欧州ホタテ、全身にプラスチック粒子残留の可能性」

【動画】プラスチック101(解説は英語です)

次ページ:プラスチックを摂取しないで済む方法は?

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2018年6月号

海に流れ出るプラスチック/プラスチック4つの視点/タンチョウ/消えた入植者たちの影/サッカーボールを追って/極北の野生に迫る危機

地球か、それともプラスチックか? ナショジオはプラスチック問題に取り組むことを宣言します。鳥シリーズ「タンチョウ」ほか魅力的な特集を満載。特製ポスター付き!ワールドカップ目前「スタジアムの過去・現在・未来」

価格:本体1,170円+税