鳥はお金持ちが大好き 最新研究で判明

所得水準が高い人が住む地域には、多様な鳥が集まる正の相関があった

2019.06.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
南アフリカ、ケープタウンの中心部から13キロほどの距離にあるカーステンボッシュ国立植物園の花をついばむミドリオナガタイヨウチョウ。(PHOTOGRAPH BY ANN AND STEVE TOON, MINDEN PICTURES)
[画像のクリックで拡大表示]

 学術誌「Global Change Biology」に発表された研究によると、南アフリカの経済的に豊かな人々が暮らす地域には、比較的裕福でない地域に比べて、在来種の鳥が多様だったという。これは、経済的に豊かな人々が住む地域には緑が多く、動物たちのすみかに適しているためだと考えられている。

 これは「ぜいたく効果」と言われる現象で、これまでも欧州、米国、オーストラリアで観察されている。しかし、南アフリカで、この効果が確認されたのは初めてだ。

 「ぜいたく効果」は、2003年、米アリゾナ州フェニックスの植物多様性に関する論文で提唱された。その後、昆虫、コウモリ、トカゲなど、様々な種に同様の傾向があることが確認されている。 (参考記事:「コヨーテはなぜNYのバーの屋根に上ったのか」

 美しく整えられた広い庭、水や動物の子を隠す草木がある――こうしたことが、野生の動物や植物を引き付ける要因となるというものだ。

 伊トリノ大学の生態学者で、今回の論文の主執筆者であるダン・チェンバレン氏は、これまでの研究が、北米、欧州、オーストラリアなど豊かな国々に限られていたことを指摘する。

 都市化の進行と生物多様性の喪失は、実は、南米、東南アジア、アフリカの一部地域のほうが状況はより深刻なのだが、この地域の研究が進んでいなかったのだ。

 今回の研究で、チェンバレン氏のチームは、南アフリカにも「ぜいたく効果」が存在することを確認したことになる。同氏らは、都市計画に携わる人は、住民が自然に親しむ機会を等しく持てるようにすべきだと訴えている。

 チェンバレン氏らの提案は、人間と野生生物の双方が、より良く暮らせるよう、世界の都市部の半分は公園など緑地にすべきというものだ。 (参考記事:「都会の公園で憩うひととき」

「豊かな人たちは緑地の恩恵を受けています。では、貧しいからといって、こうした恩恵を得られなくていいのでしょうか」

【参考動画】スズメがニューヨークで生き延びる方法
ニューヨークの生きるスズメたちは、どうやって狩りをし、餌を食べ、このコンクリートジャングルで生き延びているのだろうか。(解説は英語です)

次ページ:定量分析で導き出された「38%」が意味するところ

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

動物の心

知性 感情 言葉 社会

知性、感情、言語、社会などのカテゴリーで、動物たちが何を考え、何を感じ、どんな知識を獲得しているのか、最新の興味深いエピソードに触れながら解説します。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加