中国の遺伝子編集ベビー、短命のリスクも、研究

受精から5日後の胚で、嚢胞性線維症の遺伝子検査を行っている顕微鏡写真。研究者らは、遺伝性の病気を治療するため、遺伝子編集など様々な技術を用いている。しかし、最新の研究が示すように、ヒトゲノムに次世代にまで遺伝する編集を加えることは、予想もしないリスクを生む恐れがある。(PHOTOGRAPH BY DAVID LIITTSHWAGER, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー