宝石化した新種の恐竜を発見、イグアノドン似

フォストリアと命名、オーストラリアで集団の化石が見つかるのも初めて

2019.06.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
現在のオーストラリア、ライトニング・リッジの近くにあった湖の岸辺をフォストリアの群れが歩く姿を描いた復元図。(ILLUSTRATION BY JAMES KUETHER)
[画像のクリックで拡大表示]

 オーストラリアで発見された色鮮やかな化石が新種の植物食恐竜であると判明、6月3日付けで古生物学の専門誌「Journal of Vertebrate Paleontology」に論文が発表された。

 化石は宝石の「オパール化」しており、しかも4頭の骨が含まれているという。オーストラリアで恐竜の群れの化石が見つかったのは初めてで、しかも、オパール化した化石としてはもっとも多くの部位がそろっているという。(参考記事:「前代未聞、宝石の中に古代の虫化石、琥珀ではない」

イグアノドンに似ている

 100個あまりの骨は青みがかったグレーで、ときおり宝石のようにきらめく。化石が見つかったのは、シドニーから700キロほど北西にあるライトニング・リッジ近郊。ここはオパール化した化石の産地として知られる。オパールという宝石は、ケイ酸を多く含む地下水が濃縮したもので、長い年月をかけて生成される。(参考記事:「奇跡の恐竜化石、世紀の大発見 写真18点」

「オーストラリアで新種の恐竜が見つかることはほとんどありません。ですから新しい恐竜は、どれも非常に興味深いものです」と語るのは、オーストラリア、スウィンバーン工科大学の古生物学者スティーブン・ポロパット氏。同氏によれば、オーストラリアで見つかった恐竜は現在24種ほどで、ライトニング・リッジで見つかり、2018年に論文が発表されたウィーワラサウルスもその一つだ。同氏は今回の研究には参加していない。(参考記事:「宝石になった恐竜の化石を発見、しかも新種」

フォストリア・ディムバングンマルの足の親指の化石。化石はすべて、現在は閉鎖されているオパールの採掘場から見つかった。宝石のようにあざやかに輝く部分がある。(PHOTOGRAPH BY ROBERT A SMITH, COURTESY OF THE AUSTRALIAN OPAL CENTRE)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回見つかった恐竜は、「フォストリア・ディムバングンマル(Fostoria dhimbangunmal)」と命名された。イグアノドンに似た恐竜で、約1億年前の白亜紀中期を生きていた。当時のこの地域は広大な氾濫原で、内海だったエロマンガ海に注ぐ川や湖に恵まれていた。

「頻繁に川が氾濫する緑豊かな土地だったので、植物食恐竜にとってはうってつけの場所だったのです」と、今回の研究を率いたオーストラリア、ニューイングランド大学の古生物学者フィル・ベル氏は言う。

次ページ:他に例を見ない化石の集合体

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

消えた巨大生物

恐竜絶滅の後から現在まで、地球上を跋扈した巨大動物の歴史を一望する。精彩なCGで姿、環境を再現。見ているだけでも楽しい!

定価:本体2,800円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加