世界の「抗生物質汚染」、今すぐ対策を、最新研究

72カ国91河川の6割以上で検出、基準値の300倍超の場所も

2019.05.31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バングラデシュのブラマプトラ川。バングラデシュには、川の水に含まれる抗生物質の濃度が基準値の300倍を超えている場所がある。(PHOTOGRAPH BY JONAS BENDIKSEN, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 抗生物質が使われる量は年々増加している。この薬は公衆衛生に驚くべき効果を発揮し、命にかかわる感染症から何百万もの人々を救っている。

 しかし、人体で役割を果たした後も、この優れた薬は自然環境に影響を及ぼし続ける。体外に出た抗生物質はそのまま残り続け、薬が効かない「薬剤耐性菌」の進化をうながす可能性があるからだ。

 英ヨーク大学の研究者らが、フィンランドで開催された環境毒性学化学会欧州支部の学会で5月27日に発表した最新の研究によると、テムズ川からメコン川、チグリス川など、世界中の91河川を調査したところ、3分の2近くで抗生物質が検出された。

 この研究を率いた1人であるヨーク大学の環境化学者アリステア・ボクソール氏は、これは大問題だと話す。「生理活性物質である抗生物質を、私たちの社会は自然環境に大量に排出しています」

 その結果、川の生態系だけでなく人の健康までもが、重大な悪影響を被る恐れがあるという。(参考記事:「抗生物質が効かない「スーパー淋病」英国で感染例」

次ページ:2050年には感染症が死因のトップに?

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

ビジュアル 科学大事典[新装版]

2016年に命名された113番目の元素「ニホニウム」を収録した新元素周期表も新たにプラス!この一冊で、科学が身近に感じられます。◆宇宙、地球、生物学、化学、物理学、技術、数学など幅広いサイエンス分野を網羅した保存版。◆約1200点の美しい写真と図版で、わかりやすく解説。見るだけでも楽しい一冊です。◆1ページ1トピック。知りたいことがすぐわかります。

定価:本体9,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加