手話はこうして誕生した その歴史

聴覚障害者への偏見に対し聖職者たちが奮闘

2019.06.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パリのろう学校で教えるシャルル・ミシェル・ド・レペー。19世紀の画家フレデリク・ペイゾン作。(Photograph by Bridgeman/ACI)
[画像のクリックで拡大表示]

 その昔、言語を習得するには話し言葉を耳で聞くしかないと考えられ、聴覚に障害を持つ人々は長いこと社会から排除されてきた。古代ギリシャの哲学者アリストテレスは、「耳の不自由な者は決まって知能が低い」と考えていた。古代ローマ法では、生まれつき耳の聞こえない者は「読み書きを学ぶことができないため物事を理解する能力がない」とされ、遺言状に署名する権利が認められていなかった。

 この偏見に抵抗する動きが出始めたのは、ルネサンスの頃だった。初めて聴覚障害者のために正式な手話を考案したとされているのは16世紀、スペイン人でベネディクト会の修道士ペドロ・ポンセ・デ・レオンだったが、手ぶりを使って意思の疎通を図ろうとしたのは、彼が初めてではない。アメリカ先住民は、ほかの部族とのコミュニケーションやヨーロッパ人との交易で手のジェスチャーを使っていたし、ベネディクト会の修道院では、日課の沈黙の時間に手話でメッセージを伝えていた。(参考記事:「先住民と入植者の協力示す壁画を発見、カリブの島」

聴覚障害者にもコミュニケーション手段を

 そこからヒントを得たポンセ・デ・レオンは、自分の修道院で使われていたジェスチャーを基に、聴覚障害者に意思疎通の手段を教える方法を考案した。これが、現在世界中で使われている手話システムへの道を切り開くこととなる。(参考記事:「「百聞は一見に如かず」を検証」

 その後、スペインの聖職者で言語学者だったフアン・パブロ・ボネットがレオンの功績を引き継いで、これを発展させた。当時、聴覚障害者に話をさせようとして、声が反響する酒樽に入れるなど残酷な方法が使われていたことに対して、ボネットは「このような暴力的なやり方は、何の目的も果たさない」と批判していた。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
フアン・パブロ・ボネットが1620年に著した指導書「Reduction of the Letters of the Alphabet and Method of Teaching Deaf-Mutes to Speak(簡約アルファベット文字とろうあ者への発声教授法)」に描かれた詳細な手話のイラスト。(Photograph by Biblioteca Nacional de España)

 1620年、ボネットは現存しているものとしては最古の聴覚障害者向けの教本を出版した。そして、聴覚障害者も言葉の発音を学び、さらに意味のある文章の組み立て方を段階的に学ぶよう勧めた。その第一歩として考案したのが、右手で形を作ってアルファベットを一文字ずつ表現する指文字だ。現代の手話で用いられるアルファベットによく似ていて、中世イタリアの修道士グイード・アレティヌスが聖歌隊のために考案した楽譜記譜法が基になっている。

 一つひとつのアルファベットを口から発する音と関連付けられるようにするボネットのアプローチは、聴覚障害者が音声を通じてコミュニケーションを図る口話法と手話を組み合わせたものだった。だが、このシステムには欠点もあり、特に抽象的な言葉や接続詞など漠然とした言葉を理解させるのが難しかった。

次ページ:「聴覚障害者の父」

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

世界の特別な1日

未来に残したい100の報道写真

「崩れ落ちる兵士」「勝利のキス」「エベレスト初登頂」「フランシスコ教皇就任」など、歴史的な100枚の報道写真を収録!世界が大きく変わろうとしている今だからこそ読みたい、現代史の真実のストーリーが満載。

定価:本体3,200円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加