「歴史を変えた津波」が考古学で判明、14世紀末

2004年のスマトラ沖地震の津波に匹敵、防災に課題も

2019.05.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2004年インド洋で発生した津波によって露出した古い墓標をきっかけに、この地域を襲った過去の津波について、研究者らが調べ始めた。(PHOTOGRAPH COURTESY PATRICK DALY)
[画像のクリックで拡大表示]

 2004年12月26日、スマトラ沖を震源とした地震により、高さ30メートルに達する津波がインドネシア、スマトラ島北西のアチェ州を襲った。

 津波はインド洋に面する海岸の町を次々にのみ込み、はるか遠くアフリカ大陸のソマリアにまで到達した。アチェ州だけで死者は16万人以上、家を失った人々はもっと多かった。

 このアチェ州は、600年以上前の14世紀末にも同様の津波に襲われ、やはり沿岸の村が甚大な被害を受けていたことが、新たな証拠から明らかになった。さらに、それがこの地域で強大な権力を誇ったアチェ王国の勃興につながったという。この調査結果は、5月28日付けで「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に発表された。

 2006年、考古学者のパトリック・デイリー氏は、アチェ州政府と協力して、2004年の津波で損壊した文化財や宗教施設の保全作業に当たっていた。その時、美しい彫刻が施されたイスラム教の古い墓石が海岸に転がり、波に洗われていた。

「なぎ倒されたまま放置されている墓石を見て、心が痛みました」

 このとき、過去にこの地は何度同様の津波に襲われたのだろうか、それは人々にどのような影響をもたらしたのだろうかと、デイリー氏は考えた。スマトラ島北西の端に位置するアチェの州都バンダ・アチェは、ベンガル湾を渡る船が最初または最後に寄港する港町だ。ここに16世紀に興ったイスラムの王国アチェは、東南アジアのなかでも数百年の間、植民地化に抵抗し続けた数少ない国のひとつだった。だが、17世紀以前に集落があった確かな証拠はほとんど見つかっていなかった。

次ページ:海沿いの集落がすべて廃れていた

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

伝説の謎

事実かそれとも空想か

伝説は史実なのか、それとも作り話か。歴史上の有名な伝説に改めてメスを入れ、本当にあった出来事か、当時の人々の想像の産物だったのかを明らかにする。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加