110人の男女や子どもがクロティルダ号の窮屈な船倉に詰め込まれ、1人を除く109人が西アフリカからアラバマ州までの6週間の過酷な旅を生き抜いた。もともとクロティルダ号は人ではなく貨物を運ぶためにつくられたスクーナーで、その独自の設計と寸法が沈没船を特定する助けになった。(JASON TREAT AND KELSEY NOWAKOWSKI, NG STAFF. ART: THOM TENERY)

 アフリカから米国に奴隷を運んだ最後の船として知られる帆船「クロティルダ」号が、海洋考古学者たちによる1年間の徹底的な捜索の末、アラバマ州を流れるモービル川の人里離れた支流で発見された。

 アラバマ歴史委員会(AHC)の事務局長とアラバマ州歴史保全官を兼任するリサ・デメトロポウロス・ジョーンズ氏は「クロティルダ号に乗せられた人々の子孫は何世代にもわたり、この発見を夢見てきました」と語る。「彼らの夢がついにかなったと発表できることを喜ばしく思っています」

 クロティルダ号に乗せられた人々は、17世紀初頭から1860年までアフリカから米国本土に運ばれ、奴隷として働かされた推定38万9000人の最後の一団だった。大西洋奴隷貿易には何千もの船が関わったが、沈没船はほとんど見つかっていない。(参考記事:「沈没船が明らかにする奴隷貿易の変遷」

 捜索を支援したナショナル ジオグラフィック協会の考古学者フレデリック・ヒーバート氏は「クロティルダ号の発見によって、米国の歴史の失われた一章が明らかになろうとしています」と話す。「今回の発見はまた、アフリカタウンの物語を完成させるのに不可欠なパズルのピースでもあります。アフリカタウンは米国最後の奴隷船に乗せられた人々のたくましい子孫たちによってつくられた町です」

クロティルダ号の梁(はり)や板を固定するためのびょう、くぎ、ボルトなど。素材は手作業で鍛造された鉄。19世紀半ばにモービルで建造されたスクーナーによく使われていた。(PHOTOGRAPH BY MARK THIESSEN, NATIONAL GEOGRAPHIC)

 離散アフリカ人の歴史を研究するシルビアン・ディウフ氏によれば、奴隷所有者とその犠牲者が直接語った言葉がわずかながら残されており、大西洋奴隷貿易についてうかがい知ることができるという。

 ディウフ氏は2007年、クロティルダ号の年代記「Dreams of Africa in Alabama(ドリームズ・オブ・アフリカ・イン・アラバマ)」を出版している。一部の人々は20世紀まで生き延びたと同氏は話す。「彼らはスケッチされ、インタビューを受け、フィルムにも収められました。この船旅を計画した人物の話、船長の手記も残されています。つまり、複数の視点から物語を知ることができるということです。このような例はほかに見たことがありません」

次ページ:始まりは賭け

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

世界の陰謀論

世界史の裏でうごめく様々な陰謀説を、豊富なビジュアルを使って解説。各陰謀論を一躍有名にした決定的写真を多数収録!

定価:本体2,180円+税