形が奇妙すぎる金塊、130年ぶりに結晶構造が判明

雄羊の角に似た自然金「ラムズホーン」、ごく少数の結晶体で合金だった

2019.05.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

魅惑の財宝伝説

失われた黄金と宝石の謎

きらめく宝石、燦然と輝く黄金――。太古の昔から人々を魅了してやまない財宝の数々。現代に語り継がれる財宝とそれを追い求める人々の物語を、美しい写真を交えて紹介します。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加