長く続いたモザンビーク内戦の間に、ザンベジ・デルタからはほぼすべてのライオンが姿を消した。2018年、南アフリカから運ばれてきた24頭のライオンは、15年間で500頭にまで増える可能性があるという。(PHOTOGRAPH BY AMI VITALE, NATIONAL GEOGRAPHIC)

 その昔、ザンベジ川が流れるアフリカ、モザンビーク中央部の緑豊かな湿地帯に、トゾと呼ばれる狩猟民族が暮らしていた。村から少し離れた沼地にはバッファローが群れをなし、森にはゾウの足音が響き渡り、氾濫原ではライオンの群れが獲物を狩っていた。村を率いていたのは、偉大なる長のガラングイラだった。

 ある日、近隣の部族が大軍を送り込んできた。槍を持った12人の戦士がガラングイラの家を襲撃する間、残りの兵は近くで待機した。ガラングイラは勇敢に戦い、10人の敵を殺したが、あとふたりを倒すことができなかった。ガラングイラは槍を捨て、腕を上げて心臓の場所を示すと、さあ殺せと敵に告げた。敵の槍に貫かれて、ガラングイラは倒れた。

 ふたりの戦士がその場を去ろうとしたとき、突然、ガラングイラの体から大きなライオンが現れ、彼らの前に立ちはだかった。恐怖にかられたふたりの戦士は自軍の元へ逃げ帰り、不思議なライオンとトゾの人々の力について報告した。

 彼らの軍は、二度とトゾの村には現れなかった。

「ガラングイラの精霊のライオンは、今も近くにいて、わたしたちを守っています」。自宅の背後に広がる深い森の方を手で示しながら、ジョルジェ・トゾ氏はそう語る。彼はトゾ村の現在の長であり、ガラングイラの玄孫にあたる。

ジョルジェ・テネンテ・トゾ氏は歴代の長のひとり。彼はこの日、村人たちに24頭のライオンの導入計画を説明するという責務を抱えていた。ライオンの再導入にあたっては、村の安全を優先しなければならない。難しい課題だ。(PHOTOGRAPH BY AMI VITALE, NATIONAL GEOGRAPHIC)

次ページ:「ただひとつ足りないのが最上位捕食者です」

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2019年5月号

レオナルド・ダ・ヴィンチ 色あせない才能/小さなプラスチック、大きな問題/よみがえる野生の鼓動/前人未踏の巨大洞窟へ

5月号のイチオシは没後500年を迎えた天才レオナルド・ダ・ヴィンチの38ページにわたる大特集。彼の作品や素描、科学への好奇心をたっぷり紹介します。このほか海のプラスチック問題やボルネオ島の巨大洞窟を特集、池上彰氏による特別寄稿「さよなら、平成ニッポン」も掲載しています。

定価:本体1,028円+税