標高5000mに出現する季節限定の街 エベレスト

「クライミング・ザ・セブン・サミッツ」のテントには透明なパネルが使われ、地球上で屈指の雄大さを誇るヒマラヤの山々を眺められる。ガイド付きの登山者たちは、標高5364メートルのベースキャンプで休息し、体を慣らすことに時間の大半を割く。そして、長時間いると人体が持たない薄い空気の中へ登っていく準備をする。(PHOTOGRAPH BY MIKE HAMILL)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー