標高5000mに出現する季節限定の街 エベレスト

世界最高峰の登山シーズンを迎えた、ベースキャンプの生活

2019.05.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】エベレストのベースキャンプはもはや「街」だ
Video by Chris Millbern, Virtual Wonders

 毎年春、世界各国の何百人もの登山家が、世界最高峰の登頂成功を願いつつエベレストへ向かう。しかし、その時間の大部分は斜面をよじ登ることよりも、ベースキャンプでの準備や休息、高度順応に割かれている。日常の家事と物資輸送、そしてときどき生死のドラマが起きるのが、ベースキャンプでの生活だ。

主なキャンプは2つ

 エベレストの登頂ルートは主に2つある。それぞれにベースキャンプがあり、テント生活にも違った特色がある。チベット側の北稜は比較的アクセスしやすい。ベースキャンプまでずっと車で行くことができるのだ。北側からの登山の多くはネパールのカトマンズから出発し、車で国境を越えて中国に入り、山を目指す。

ネパール側のエベレストベースキャンプは、たどり着くだけで1週間の山歩きが必要だ。だがいったん到着すれば、世界中とつながっていられる。ネパールの企業「エベレスト・リンク」が販売する、プリペイド式のインターネットカードのおかげだ。登山客が「不自由を強いられる」度合いは、どんなガイドサービスを選ぶかによる。最上級のサービスなら、温かいシャワー、ヨガ用のテント、夕食後の映画など、自宅さながらの快適さに必要な物の多くがそろう。(PHOTOGRAPH BY FREDDIE WILKINSON, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、ネパールからアクセスするサウスコルのルートは、普通は1週間かけてトレッキングしないと山の麓にたどり着けない。もっとも、ヘリコプターのおかげで、そうした難易度はかなり軽減されている。

 どちらのキャンプも、氷河が作った2つの巨大な谷の中に作られている。北側のチベットベースキャンプはロンブク氷河末端に位置し、南側のネパールベースキャンプはクーンブ氷河の上にある。

キャンプ地は人体の限界

 どちらのキャンプも標高5100~5300メートル台の地点に作られているのには、ちゃんと理由がある。およそ標高5500~5800メートルで人体は異常をきたし始め、長く生命を維持できない。ここより高いところで暮らそうとしてはいけない、ということだ。

エベレストへの商業登山が1990年代に始まって以来、ネパールのクーンブ氷河の末端、標高5364メートルの地点ににぎやかな街が作り出された。空気の薄い、期間限定の都市に、何があるのか見てみよう。 ヘリパッド(南):病人や負傷者を、治療のためカトマンズへ搬送するのにヘリコプターが活躍している。近年、ネパールではヘリコプターの使用が大きく増えている。 ナショナル ジオグラフィック・キャンプ:2019年の登山シーズン中、ナショナル ジオグラフィック・チームは科学調査を実施している。 エベレスト・リンク:プリペイドの高速インターネットカードを使って、登山者は世界中の人と連絡を取れる。ネパールの企業「エベレスト・リンク」は、カードをガイド付き登山客や現地の人たちに販売している。 「エベレストER」テント:ヒマラヤ救助協会の「エベレストER」が一般的な診療に当たっており、誰でも利用できる。深刻な状態なら、ヘリコプターでカトマンズへ搬送される。 ビッグドームテント:ガイドサービス会社「クライミング・ザ・セブン・サミッツ」は、キャンプ地の中央に大型のドームテントを持っている。一部に透明なパネルを使っており、周囲の峰々の壮大な眺めが楽しめる。 サガルマタ環境汚染管理委員会:クーンブ地方の人々が1991年に設立したこのNGOは、キャンプ地やトレッキングコース沿いの固形廃棄物の除去に当たっている。 ヘリパッド(北):ヘリコプター事業は、ネパールでは大きなビジネスだ。意欲的な登山者は1週間のトレッキングを経てベースキャンプに到着するが、高い費用を払う気があるなら、ヘリコプターを雇って村から村への移動時間を縮められる。
[画像のクリックで拡大表示]

 したがってベースキャンプは登山者の本拠地となる。ここから、登山家たちは1回3~5日の日程で全力で山に挑み、ベースに戻ってきて、少し快適な空気の中で体を回復させる。

次ページ:現地スタッフが支えている

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

GRACE OF LIGHT

地球はこんなに美しいーー。雄大な大地を照らす、美しい光を世界中から集め、独特の目線で切り取った写真集です。

定価:本体2,000円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加