砂浜のプラごみ、実は砂の中の方が多かった、研究

通常の清掃活動で取り除くのは不可能、オーストラリアの海洋島

2019.05.21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オーストラリアのディレクション島の北岸を埋め尽くすプラスチックごみ。(PHOTOGRAPH BY SILKE STUCKENBROCK, COURTSEY OF SPRINGER NATURE)
[画像のクリックで拡大表示]

 この10年で海岸の清掃活動(ビーチクリーンアップ)は世界各地で行われるようになった。ボランティアたちはたえず、拾っても拾っても漂着するプラスチックごみを掃除するという途方もない活動に取り組んでいる。しかし、オーストラリアの本島から遠く離れた島々で行われたプラスチックごみの研究によると、不本意ながら、海岸の清掃活動ではすべてのプラスチックごみを取り除けない可能性が指摘された。プラスチックごみの大半は砂の中にあり、表面からは見えないからだ。(参考記事:「太平洋ゴミベルト、46%が漁網、規模は最大16倍に」

 研究結果は、5月16日付けの学術誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表された。絶海の孤島での調査は、人が住んでいる地域の海岸で清掃が何年も行われず、プラスチックが漂着するままにしておいたらどうなるかという憂慮すべき実態も教えてくれる。プラスチックは徐々に壊れて小さな破片となり、マイクロプラスチックになるのだ。

 米国の環境保護団体「オーシャン・コンサーバンシー」は、1986年にテキサス州のある海岸で清掃活動を始めた。現在は100カ国以上で清掃活動を主催していて、この数十年間に14万トンものごみを拾ったという。

 しかし、清掃活動で砂の中のマイクロプラスチックは拾えない。どのぐらいのマイクロプラスチックがどのぐらいの速さで砂に埋もれ、どんな影響があるのかは、いまのところ誰も知らない。

 論文の筆頭著者であるオーストラリア、タスマニア大学の海洋科学者ジェニファー・ラバーズ氏は、「残念ながら、これはココス諸島だけの問題ではない」としている。(参考記事:「海はゴミ箱?」

「世界には約2000の海洋島(一度も大陸とつながったことのない島)があり、人里離れた海岸に毎日大量のプラスチックごみが新たに漂着していて、清掃活動が追いつかない状況にある。速やかで有意義な変化を起こさなければ……、海洋プラスチックはいつになっても削減できないだろう」とも論文には書かれている。(参考記事:「使い捨てプラスチックの削減を、米版編集長が声明」

次ページ:「最後の楽園」に流れ込む大量のごみ

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2019年5月号

レオナルド・ダ・ヴィンチ 色あせない才能/小さなプラスチック、大きな問題/よみがえる野生の鼓動/前人未踏の巨大洞窟へ

5月号のイチオシは没後500年を迎えた天才レオナルド・ダ・ヴィンチの38ページにわたる大特集。彼の作品や素描、科学への好奇心をたっぷり紹介します。このほか海のプラスチック問題やボルネオ島の巨大洞窟を特集、池上彰氏による特別寄稿「さよなら、平成ニッポン」も掲載しています。

定価:1,110円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加