【動画】巣を発射!オウギグモの驚異の「狩技」

筋肉を何度も使ってパワーを増幅、巣の“銃”の加速度は重力の約80倍

2019.05.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】オウギグモの驚異の「狩技」
最初のシーンが、オウギグモが巣を発射する瞬間のスロー映像。お尻の側がクモが引っ張っているほうの糸で、それを解放することで巣と自分自身が「発射」されている。10秒前後からの次のシーンは、オウギグモが獲物を捕らえる一連の映像。このときは5度、巣を発射した。続く短いモノクロ映像はそのスローモーション。20秒前後からは、巣の発射時にお腹から糸をさらに出したときの様子。30秒前後からのCGはオウギグモの狩技を再現したシミュレーション映像。(Copyright National Geographic / S.I. HAN)

 クモの巣というものは、獲物がかかるのをじっと待つだけの受動的な罠だと考えている人が多いだろう。

 ところが、それよりも進んだ巣を作るクモもいる。たとえば、世界各地で見られるオウギグモは、糸の張力を利用して狩りの道具にする。

 5月13日付けで学術誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に発表された論文によって、オウギグモの1種であるHyptiotes cavatusの巣が、恐ろしいほどのエネルギーを蓄え、放出していることが明らかになった。

 彼らの巣は扇形で、支点にあたる部分から1本の糸が木に向かって伸びているように見えるが、その間には自分自身がいる。巣につながる糸と木にとめた糸は別々だ。そして、木にとめた糸をクモがたぐるようにすると、逆に巣につながるほうの糸が引っ張られて、巣全体がピンと張り詰めていく。

できたての巣で獲物を待つオウギグモの仲間。(PHOTOGRAPH BY STEPHEN DALTON, NATURE PICTURE LIBRARY)
[画像のクリックで拡大表示]

 巣にエネルギーを溜め込んでいくその様子は、まるで弓を引き絞るようだ。ただしオウギグモの場合、体全体を使って適切なタイミングでそのエネルギーを解き放つ。

 虫がクモの巣にぶつかると、オウギグモは木にとめていたほうの糸を解き放つ。すると、獲物に向けて巣とともに自らが発射される。このときに、粘着性のある糸にまず獲物がくっつく。続けて、木にとめたほうの糸によってクモの動きが突然止まり、その反動で今度は巣が逆方向に引っ張られるおかげで、虫が巣にくるまれて一丁上がりというわけだ。(参考記事:「0.00012秒の瞬時に閉じるクモのアゴの謎を解明」

次ページ:人間以外で唯一

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

にわかには信じがたい本当にあったこと

ナショナル ジオグラフィックが伝える驚天動地の地球の姿。宇宙、人体、怪物、歴史、動物、水中など、幅広いテーマから驚きの事象・奇妙な生き物を紹介。

定価:本体2,000円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加