2019年3月に撮影された英領サウスジョージア島セントアンドリュース湾のキングペンギンたち。奇妙な色の個体がひときわ目立っている。(PHOTOGRAPH BY JEFF MAURITZEN)
[画像をタップでギャラリー表示]

 南米大陸の先端から東に約1500kmも離れた海にぽつりと浮かぶ英領サウスジョージア島。いまは研究者のほかに定住者はいないが、ペンギンやオットセイなどの動物は何千、何万とすんでいる。

 そのサウスジョージア島を訪れたナショナル ジオグラフィックの写真家ジェフ・モーリッツェン氏が、このほどキングペンギンとナンキョクオットセイの中に「毛色の変わった」個体を見つけた。いずれも、通常の個体より白くなっているものだが、その程度は違っていた。

色素はあるが不完全

 モーリッツェン氏がひときわ目をひくペンギンに気づいたのは、ある雨の朝のことだった。たまたま10分間ほど雨があがり、写真を撮れたという。

 ほかの鳥と同様、キングペンギンの遺伝子には、色素の作り方に影響を及ぼすような変異が起こることがある。なかでも極端なのが、色素が完全に欠乏するアルビニズム(先天性白皮症)で、体色は真っ白になり、視覚障害を引き起こす。

 しかし、ほとんどの変異はもっと穏やかだ。例えば今回のペンギンの体色は、白ではなく灰色や茶色に近い。大英自然史博物館トリング館の鳥類学者ハイン・ファン・グラウ氏によると、これはメラニンのなかでも、黒や灰色、茶色の色素であるユーメラニンに関わる遺伝子の変異によって引き起こされたものだという。

 この変異があると色素の酸化が不完全になり、日光によって傷みやすくなる。その結果、徐々に羽毛が脱色し、最終的には薄汚れたような感じになる。(参考記事:「南極で色の薄いペンギン発見」

 黒や灰色以外の部分に異常がないのも、そのためだ。ブラジル、バレオリオドス・シノス大学の生物学者ジュリア・フィンジャー氏は、「黄色い部分はほかの個体の色と同じでしょう? この黄色はメラニンではなくカロテノイドという色素によるので、変異の影響を受けないのです」と言う。(参考記事:「【動画】激レアな鳥を発見、本来は赤なのに黄色」

次ページ:白いオットセイの写真と真っ黒なペンギンの動画も

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

写真家だけが知っている 動物たちの物語

世界で最も権威のある写真賞の一つ「ワイルドライフ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」の受賞作品のなかから、記憶に残る魅力的な作品を厳選。

定価:本体2,300円+税