【動画】食堂に届いた希少なスッポン、再び川へ

メコン川で育む保護活動、元密猟者も参加、カンボジア

2019.05.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】希少な大型スッポン、川へ帰る
カンボジアで、絶滅の危機に瀕するマルスッポンを守る取り組みが続いている。このほど、レストランで出されるはずだった個体が元の川に戻された。(解説は英語です)

 2018年末のことだった。カンボジア北部の町、クラチェの人気レストランの店主のもとに、地元の漁師たちがやってきた。メコン川で生きたスッポンを捕ったので、買ってほしいと言う。店主はときどきスッポンを買って、特別なリクエストに応じて客に出していた。

 だが、このとき漁師が持ってきたスッポンは違っていた。まず、大きい。重さが17キロ近くある。頭の幅が広く、口先の近くに両目があるところはカエルに似ていた。話に聞く絶滅危惧種ではないかと思った店主は、一瞬考えてから、カメを75ドル(約8000円)で買うことにした。料理するためではなく、死なせないためだった。

カエル顔のスッポン

 こうして、30キロ余り北のサンボーにあるメコン・カメ保護センターに、巨大なスッポンが持ち込まれた。店主の息子が持ち込んだ生き物を見て、センターを管理するブラン・シナル氏は、マルスッポンだとすぐにわかった。カンボジアでは極めて希少な種で、1メートル以上の大きさになることもあり、100年以上生きるものもいる。繁殖年齢に達したメスだということもわかった。この個体を失ったら、悲劇的だったことだろう。

 それから3カ月、シナル氏は保護センターでマルスッポンの世話をした。そしてこのほど、ある金曜の朝に、メコン川に浮かぶカオー・トロング島の手つかずの浜に連れて行った。捕獲された地点に近いところで、スッポンを川に帰すためだ。地元の当局者、村人、学生たちなど、たくさんの人が集まっていた。

 2人の仏僧が祈りを唱えてから、スッポンが地面に置かれた。スッポンは、本能的に隠れようとして砂を掘り始めた。そこに放っておくのはよくないだろうと、スッポンは再度持ち上げられて水中に放された。泳いで岸から離れていくと、学生たちが拍手を送った。(参考記事:「【動画】あの巨大魚も!メコン水系の驚異の大回遊」

「特別な機会でした」と、シナル氏は後に語った。「親となる(マルスッポンの)個体を野生に返したのは初めてです。とてもいい兆しです」

「カエル顔のスッポン」とも呼ばれるマルスッポンは、西はバングラデシュから東はフィリピンまで広い地域で見られるが、カンボジア北部では、メコン川に沿った長さ50キロ弱の範囲にしかいない。かつては豊富にいたが、数十年にわたって卵が食用目的で乱獲されたため、個体数が激減。完全にいなくなったと考えられるまでになった。マルスッポンがカンボジアでようやく再発見されたのは2007年のことだ。 (参考記事:「100年ぶり!「絶滅した」はずのカメ見つかる」

参考ギャラリー:驚くほどかわいい、世界のカメ 写真17点(画像クリックでギャラリーページへ)
美しい甲羅をもつカメから、首の長ーいカメ、スッポンまで、世界のさまざまなカメを紹介する。(Photograph by Joel Sartore, National Geographic Photo Ark/Zoo Atlanta)

次ページ:食用やペット、伝統薬に狙われる淡水のカメ

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:本体3,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加