太陽系外から来た天体、地球大気圏で焼失か?

別の恒星系から来たことが初めて明らかになった、奇妙な形の小惑星オウムアムア。天文学者によれば、2014年に大気中で燃え尽きた火球が、恒星間に起源がある2例目の“訪問者”かもしれないという。(PHOTOGRAPH BY ESA, HUBBLE/ NASA/ ESO/ M. KORNMESSER)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー