(体の割に)一番大きな耳を持つ動物はこれだ

オオミミトビネズミの耳は、体長の3分の2もの長さ

2019.05.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モンゴル、ゴビ砂漠のオオミミトビネズミ。初めて映像に収められたのは2007年だ。(PHOTOGRAPH BY VALERIY MALEEV, NATURE PICTURE LIBRARY)

 オオカミのことを耳が大きいと思っていた赤ずきんは、まだまだ甘かった。

 ネズミからゾウまで多くの動物が、大きな耳を発達させてきた。それは、暑い環境に適応するためだったり、餌探しで有利になるための戦略だったりする。

 アフリカゾウの耳は、現在生きている動物の中で一番大きい。この柔らかな耳をはためかせることで、中に張り巡らされた血管を通じて熱を素早く逃がしている。(参考記事:「動物大図鑑 アフリカゾウ」

 一方、アジアゾウは、日陰があって比較的涼しい熱帯雨林に暮らしているため、アフリカゾウより耳が小さい。(参考記事:「動物大図鑑 アジアゾウ」

 しかし、実はゾウにはほかにも「耳」がある。

 アフリカゾウもアジアゾウも、足を通して地中の振動を感じることができる。ゾウは捕食者が近づくと、足を踏み鳴らしたり唸り声をあげたりする。離れたところにいるゾウは、遠くから伝わるその振動を足で察知し、仲間からの警告として受け取るのだ。

トビネズミ

 跳躍が得意なこのげっ歯類は、モンゴル南部や中国北西部の砂漠が原産で、33種が存在する。

 中でも最も特異なプロポーションなのは、オオミミトビネズミ(Euchoreutes naso)だ。2007年、英ロンドン動物学会のゴビ砂漠遠征中に、初めて野生の個体が撮影された。

 耳の長さが(尾を除いた)体長の3分の2もあるオオミミトビネズミは、体長比では最大の耳を持つ動物である。

 この耳もゾウと同様に、熱を逃がすのに役立っている。暑い場所で生きていくには、こうした適応が不可欠なのだろう。(参考記事:「【動画】ヘビに空中で顔面キック!ネズミのスゴ技」

次ページ:昆虫の足音までわかるコウモリ、ジャックウサギの耳はロバの耳

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

うさぎ島

瀬戸内海に浮かぶ4キロのちいさな「うさぎ島」の、もふもふでかわいい、うさぎ写真集。

定価:本体1,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加