解説:民間初の月面着陸失敗は「大きな前進」

最初は冗談と思われていた挑戦が「99%成功」に至るまで、イスラエル探査機

2019.04.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イスラエルの非営利組織「スペースIL」の月面探査機べレシートが、月面への下降中に撮影した写真。この直後、探査機は月面に衝突して着陸は失敗に終わったが、成功すれば民間初の快挙となるはずだった。(PHOTOGRAPH BY SPACEIL)
[画像のクリックで拡大表示]

 2019年4月11日、ヘブライ語で創世記を意味する「べレシート」と名付けられたイスラエルの月面探査機が、月面着陸を試みた。成功すれば民間探査機として初の偉業で、宇宙探査の新時代を切り拓くはずだった。イスラエルの非営利組織「スペースIL」が製作したべレシートは、晴れの海(月の表側の北部にある広大な火山性盆地)への着陸を試みたが、降下中にメインエンジンに不具合が生じた。エンジニアたちはべレシートをリセットしたが、通信不能に陥り、重さ150キロの探査機は墜落した。(参考記事:「NASA公式写真家が撮影してきた「宇宙への挑戦」 写真15点」

 スペースILの筆頭出資者で代表のモリス・カーン氏は、着陸のライブ中継で「成功はしませんでしたが、挑戦することはできました。どんな形であっても、目的地に到達できたのは素晴らしいと思います」と語った。「私たちはこの挑戦を誇りに思います」

「挑戦しないことと、失敗することは違います」

 成功していれば、イスラエルは月面に着陸した4番目の国となり、スペースILは、主に民間からの寄付によって地球以外の天体に宇宙探査機を着陸させた、最初の組織となるはずだった。べレシートには、2台の科学機器と「ルナ・ライブラリ」を含むデジタルタイムカプセルが積み込まれていた。この記事の発表時点では、探査機と搭載機器にどの程度の損傷が生じたかは確認できていない。

(NG MAPS)
[画像のクリックで拡大表示]

 着陸は失敗に終わったが、このミッションは画期的だった。べレシートは、これまでで最も月面着陸に近づいた民間探査機となり、イスラエルは、探査機を月周回軌道に投入することに成功した7番目の国となった。

 米セントラルフロリダ大学の惑星科学者フィル・メッツガー氏は「ミッションに挑戦しないことと、失敗することは違います。失敗は前進なのです。そこまで行けると証明されたのですから」と言う。「宇宙で道に迷わず、月に衝突できたのです。これは驚異的です! ミッションの99%はやり遂げたと言ってよいでしょう」

【関連ギャラリー】イスラエル探査機、月面着陸まであと一歩 写真8点(写真クリックでギャラリーページへ)
2019年4月4日、べレシートは月周回軌道に入り、高度470キロから月の裏側の写真を撮影した。(Photograph by Eliran Avital)

 べレシートの挑戦は、8年以上前に始まった。スペースILが発足したのは2010年末のこと。きっかけは、ヤリブ・ バッシュ、クフィル・ダマリ、ヤナタン・ヴィネトラウブという3人の学生が、ある晩テルアビブ郊外のバーで酒を飲んでいたときに、月に行く宇宙探査機を建造できると確信したことだった。

 彼らは早速、グーグル・ルナ・Xプライズにエントリーした。2007年に始まったグーグル・ルナ・Xプライズは、月面に探査機を送り込むことに最初に成功した民間組織に2000万ドル(約22億円)が与えられるという国際的なコンテストだった。バッシュ氏は「まったくクレイジーでした。これほどの大ごとになるとは思っていませんでした」と言う。「今、私の元には、宇宙飛行士のような服を着た子供たちの写真が送られてきます。こういうものを見ると、プロジェクトの広がりを実感して嬉しくなりますね」(参考記事:「民間チームが挑む 月面探査レース」

 このミッションの経緯や意義について、さらに詳しくご紹介しよう。

次ページ:最初は冗談と思われていた

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

宇宙の真実

地図でたどる時空の旅

宇宙の今が全部わかる!太陽系の惑星から宇宙の果て、さらに別の宇宙まで、どのような構造になっているのか、なぜそのような姿をしているのかを、わかりやすく図解で解き明かす。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加