【動画】ブラジルの漁師手伝うイルカ 独自の文化か

最新研究で判明した、イルカ同士の結びつき。血縁・年齢・性別ではなく「行動」

2019.04.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】最新の研究によれば、漁師と一緒に魚を捕まえるイルカたちの間には強固な社会的結びつきがあるという。(解説は英語です)

 ブラジル南部のラグナでは、イルカも漁師も好物が同じだ。どちらも丸々太った銀色のボラを捕まえて食べる。ただし、競い合うのではない。イルカと漁師は、協力関係を結んでいる。

 ハンドウイルカがボラの群れを海岸に追い込む。漁師たちは、網を持って一列に並び、腰まで水に浸かって待ち構えている。水が濁っていて魚が見えないため、漁師たちはイルカの動きを注視する。(参考記事:「動物大図鑑 ハンドウイルカ」

 イルカが頭か尾を水面に打ち付けると、漁師たちはそれを合図に網を投げる。すると、ボラの群れがバラバラになり、イルカは群れから外れた魚を捕まえることができる。

 この互恵関係は、科学者たちの間では1980年代から知られていた。約60頭いるイルカのうち、漁師に協力するのは数頭だ。だが、漁の助っ人になるイルカは、他の助っ人イルカと一緒に過ごす傾向があることもわかっていた。

 しかし、それはなぜだろうか。ブラジル、サンタカタリーナ連邦大学の生物学者マウリシオ・カントール氏と同僚たちは、その理由を知りたいと思った。(参考記事:「【動画】イルカが単独で「泥の輪漁」、珍しい映像」

「みんなで同じレストランに行くのは、そこの料理が好きだからでしょうか? それとも、料理だけでなく、一緒に行く仲間が好きだからでしょうか?」

 2019年4月10日付けで学術誌「Biology Letters」に発表されたカントール氏らの論文は、後者を示唆している。漁師に協力するイルカたちの間には、強い社会的な結びつきがあるというのだ。

同じ行動をする仲間と親しくなる

 カントール氏らはブラジル南部の沿岸にあるラグーン(潟湖:せきこ)を船で回り、遭遇したイルカを写真に撮って、個体を特定した。

ギャラリー:近い! 優雅で楽しげなイルカたち 写真10点(画像クリックでギャラリーページへ)
行動研究の一環として、ホンジュラス、ロアタン島の研究所で飼われているハンドウイルカ(Tursiops truncatus)たち。(PHOTOGRAPH BY BRIAN J. SKERRY, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

次ページ:文化といえる? 道具を使うイルカの動画も

おすすめ関連書籍

イルカと話せる日

その脳と知性

雑誌「ナショナル ジオグラフィック日本版」の好評記事をデジタル化してお届けする「ナショジオ・セレクション」。

定価:本体300円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加