解説:ブラックホールの撮影成功、何がわかった?

チリ、アルマ望遠鏡の66基の電波アンテナと満天の星。アルマ望遠鏡は、イベント・ホライズン・テレスコープ(EHT)ネットワークの主要な要素の1つとして大きな役割を果たした。(PHOTOGRAPH BY BABAK TAFRESHI)

【元の記事へ戻る】