【動画ルポ】大麻の違法栽培を強制捜査、米国

保護林で「動物がバタバタと死に始めた」、劇薬で野生動物を毒殺

2019.04.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米国カリフォルニア州の国有林で、生物学者と当局が協力し、大麻違法栽培の強制捜査を行った。捜査は4:00前後~、劇薬とみられる遺留品が見つかった様子は6:20前後~。(説明は英語です)

 8月のある暑い午後のことだった。米カリフォルニア州北部のシャスタ・トリニティ国有林で、野生生物の生態学者モウラド・ガブリエル氏は、迷彩服姿を着込み、強制捜査の時を待っていた。

 他にも、武装した米国森林局の隊員や地元警官など10人以上が待機している。これから、違法な大麻栽培の現場へ踏み込もうというのだ。(参考記事:「特別レポート:米国ウナギビジネスの闇」

 レディングの町の東側で州道36号線を外れ、岩がちな森のなかを谷のほうへ下ると、サトウマツやベイマツの下に隠されるようにして4000本以上の大麻草が栽培されていた。そばには複数のテントが設営され、2台の貯水槽も見える。灌漑用パイプも長く延びていた。

 強制捜査が始まると、まず2人が逮捕された。現場の安全を確認したガブリエル氏は、妻であり仕事上のパートナーでもあるグレタ・ウェンガート氏とともに中に入り、環境の汚染状況を調査して、可能な限り浄化を行った。

 過去6年間、2人は違法栽培で使われる猛毒の殺虫剤や、それが周囲の野生生物に与える影響について注意を喚起してきた。大麻草とキャンプ地から虫や動物を退けるため、違法業者は殺虫剤を使うことがある。なかには、禁止されている劇薬が見つかることすらある。

 ガブリエル氏とウェンガート氏は、2004年に野生生物の研究と保全を目的とした非営利団体「統合生態学研究センター」を設立した。当時は、まさか大麻栽培の摘発に関わることになるとは思っていなかったとウェンガート氏は話す。「ところが、動物がバタバタと死に始めたんです」(参考記事:「大麻栽培が脅かすゴリラ生息地」

次ページ:増える一方の違法栽培場

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

生き物の不思議な力

ナショナル ジオグラフィック日本版2015年6月号で大反響のあった特集「マリファナの科学」をはじめ、驚きに満ちた生命の世界を存分に味わうことができる1冊。

定価:本体1,200円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加