【動画】ヘビに空中で顔面キック!ネズミのスゴ技

噛まれても蹴って脱出、空中で積極的に蹴っているのがわかったのは初

2019.04.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】研究者たちはハイスピードカメラを使って、カンガルーネズミが空中でヨコバイガラガラヘビの顔面にキックを食らわせる驚くべき瞬間を撮影した。(字幕は英語です)

 米国アリゾナ州ユマ市外の砂漠に暮らすモフモフのおチビさんたちにとって、晩ご飯を探すことは、地雷原をおそるおそる歩き回るのと同じだ。

 なぜなら、ヨコバイガラガラヘビが砂の中にじっと身を潜めていて、好物のカンガルーネズミが近づくのを待っているからである。

 ところが、3月27日付けで学術誌「Biological Journal of the Linnean Society」および「Functional Ecology」に掲載された2本の新たな論文によると、カンガルーネズミ(Dipodomys deserti)は今まで考えられてきたほど無力なわけではないようだ。彼らはヨコバイガラガラヘビ(Crotalus cerastes)からの攻撃を0.1秒かそれ以下のレベルで察知し、強力な後ろ脚のジャンプで危険から逃れることができる。(参考記事:「【動画】仰天!ヘビの0.1秒の攻撃かわすネズミ」

 しかも、ヘビに噛まれてしまったときでさえ、毒を注入される前に相手を蹴飛ばして、脱出に成功することもある。空中で回転しながら空手キックをかますカンガルーネズミは、まるで小さな忍者のようだ。

 そんな離れわざができるのも、カンガルーネズミの素晴らしい平衡感覚のおかげだ、と論文の著者で、米サンディエゴ州立大学の行動生態学者ルーロン・クラーク氏は話す。

 クラーク氏の調査チームは、この行動を何年にもわたって調べてきた。そしてついに、スローモーションカメラ技術の向上によって、知られざる砂漠の決闘の詳細を明らかにした。

次ページ:「今まで記録されたことのない、新しい行動」

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:本体3,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加