国立公園近隣の子どもは健康で豊か、途上国で確認

野生動物を守る「保護地域」が周辺の人々にも恩恵、研究

2019.04.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タンザニア、セレンゲティ国立公園の近くの道路沿いのクラールで子ヤギを抱えるマサイ族の少年。クラールとは、牛などの家畜を飼うために周囲に柵をめぐらした村のこと。(PHOTOGRAPH BY SVEN TORFINN, PANOS PICTURES/REDUX)
[画像のクリックで拡大表示]

 3月末、アフリカ南東部のモザンビークはサイクロン「イダイ」の直撃を受け、甚大な被害を被った。国連の最新の報告によると、隣国のマラウイやジンバブエにも被害が出ており、合わせて700人以上が犠牲になり、180万人以上が被災した。(参考記事:「アフリカ南東部襲ったサイクロン 大被害の理由」

 サイクロンは町や村を破壊し、数万ヘクタールの農地で収穫を間近に控えた作物を台無しにした。今なお25万ヘクタール以上の土地が水浸しになっている。

 そんな中、モザンビークにあるゴロンゴーザ国立公園のグレゴリー・カー園長は、「私たちは公園のまわりのコミュニティーに34トンの食料を配布しました」と語った。

 数百人のパークレンジャーをはじめとするゴロンゴーザ国立公園のスタッフは、サイクロンの直撃から48時間も経たないうちに、地元の村人の救助や食料の配布、医療の提供に動き出した。「助けを求める声に最初に応答したのは私たちでした。ほとんどの人が存在すら知らないような僻地のコミュニティーを助けに行きました」(参考記事:「よみがえったゴロンゴーザ国立公園、モザンビーク」

 国立公園は地元の数千人の農民と協力関係にあり、食料倉庫を持ち、部外者の手を借りることなくこの食料を配ることができた。しかし水位は高いままだ。「私たちがヒッポ・ハウス(カバの家)と呼んでいる園内の展望台は地面からの高さが3.5メートルほどあるのですが、今もまだ浸水しています」と彼は言う。ほとんどの道路が水没してしまったので、食料はカヌーとヘリコプターで届けられた。

 国立公園などの「保護地域」は、地元のコミュニティーにとって最良の友人でなければならない、とカーは言う。「ゴロンゴーザの近くの農場は、花粉を媒介する動物が多く、湿度が高く、気温は低く、より生産的です」(参考記事:「モザンビーク 聖なる山の再生」

次ページ:周囲10km以内に実際に恩恵が

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

セレンゲティ大接近

隠しカメラだからこそ実現できた、“動物目線”の写真集。毛の一本一本まで見えるほどに鮮明!

定価:本体2,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加