ティティカカ湖底から宝物、古代の宗教の手がかり

古代アンデス文明ティワナクは宗教によって勢力を広げたかもしれない

2019.04.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
金、宝石、ピューマがかたどられた香炉など、ティティカカ湖に残された貴重な遺物の数々。(PHOTOGRAPH BY TEDDY SEGUIN)
[画像のクリックで拡大表示]

 今から1200年ほど前、南米のティティカカ湖には、当時の人々にとって最も価値ある品々が集められる場があった。

 水中調査によって、湖底のなかでも高くなった「礁」から、きらびやかな宝物が発掘されたのは2013年のこと。そして現在、研究者らは、これらの宝物が宗教の証拠であり、古代アンデスのティワナク国が一帯に勢力を広げるうえで大事な役割を果たしていたと考えている。

 研究成果は4月1日、学術誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に発表された。ティワナクの聖地がいくつもある「太陽の島」からほど近い湖底で見つかったのは、黄金の遺物や金属の装飾品、宝石、香炉など。研究によると、それら遺物はこの礁がかつて、儀式を行う場所だったことを示しているという。(参考記事:「古代アンデスの土器、顔料に爬虫類のおしっこ」

宗教と貿易で勢力拡大

 ティワナク国は、紀元500年から1000年にかけて存在し、最盛期には現在のボリビアからチリやペルーまで版図を広げていた。その勢力拡大には宗教が大きな役割を果たしたと考えられているが、それが具体的にどんなものだったかについては、今も研究の途上だ。

 ティワナクの人々は、強大な軍事力を持っていた痕跡を残しておらず、この国は宗教と貿易によって力を持つようになったと考えられている。ティワナクに宗教的信仰があったこと示す証拠はすでに数多く発見されているが、考古学者らはさらに、その宗教が持っていた意味と、それが国家の発展にどのように寄与したのかを探ろうとしている。

次ページ:貴重な品々をなぜ湖に?

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

古代史マップ

世界を変えた帝国と文明の興亡

古代世界の勢力の変遷や時間の流れを視覚的に理解できる!

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加