だまされた! 歴史に残るエイプリルフールのウソ

スイスでスパゲティが豊作?人々がだまされたウソや元祖フェイクニュースの数々

2019.04.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年4月1日、あるウソの発表をナショジオが行った。服を着た子猫の写真は、その時の記事に掲載されたもの。(PHOTOGRAPH BY HARRY WHITTIER FREES, LIBRARY OF CONGRESS)
[画像のクリックで拡大表示]

 欧米では古くから、4月1日にウソをつく習慣が根付いている。その起源には諸説あって、はっきりとしたことはわかっていない。 (参考記事:「2017年6月号 なぜ人は嘘をつく?」

 有力な説は、1500年代に暦が変更されたことがきっかけというもの。それ以前は、春の始まりを1年の始まりとしていたフランスでユリウス暦が導入されると、新年の始まりが1月に移った。だが、当時の暦の変更がフランス全土に広まるには時間がかかった。特に地方では知らない人が多く、彼らは「エイプリルフール(4月バカ)」と呼ばれたというものだ。

 古代のヨーロッパの春祭りが起源だという歴史家の説もある。人々がコスチュームを着てだまし合うという祭りがあり、これがルーツだというのだ。いずれにせよ、4月1日にウソをつくエイプリルフールの習慣はヨーロッパ中に広がり、やがて米大陸にも持ち込まれ、春の恒例行事として定着した。

 ウソの中身も年々大きくなっていった。ここで、歴史に残るエイプリルフールのウソをいくつか紹介しよう。 (参考記事:「一酸化二水素、沸点、磁極 ――物理と化学の迷信」

ライオンの入浴見たさに人が集まる

「ウソの歴史博物館」の館長アレックス・バーザ氏によると、記録に残る最も古いエイプリルフールのウソは1698年のこと。「年に一度、ライオンを入浴させるという儀式がロンドン塔で見られるという話を聞きつけて、ロンドン中の人が集まってきたのですが、そんな儀式はそもそもありませんでした」

 ウソのイベントに見事に人々がだまされたことから、翌年以降も同じウソが仕掛けられるようになったという。だまされたのは、主にロンドンから離れた場所に住んでいた、事情をよく知らない人々だった。

「19世紀半ばには、偽のチケットまで印刷されるようになりました。数百から数千人が集まったところで、初めて自分たちがだまされたことに気付いたのです」 (参考記事:「嘘の国を売った史上最悪の詐欺師、270人が死の入植」

ライオンは、自分で毛づくろいをして体をきれいに保つものだ(ロンドン塔で入浴させてもらう必要はない)。(PHOTOGRAPH BY MICHAEL NICHOLS)
[画像のクリックで拡大表示]

米財務省が金庫破りの被害に

 1905年、ドイツの新聞「Berliner Tageblatt」は、窃盗団が米国財務省の地下までトンネルを掘り、保管されていた金・銀をすべて盗み去ったと報じた。ヨーロッパの新聞だけでなく、米国の国内紙までがこのニュースを取り上げ大騒ぎになっている。

次ページ:動画も。英国BBCが報じたスパゲッティ豊作

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

科学の迷信

世界をまどわせた思い込みの真相

なぜ、あっさり信じてしまうのか?

定価:本体1,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加