ラッコが道具を使う謎、考古学の手法で迫る

「石を使って貝を割る」はいつから、どのように広がった?「痕跡」から読み解く

2019.04.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】岩にぶつけて貝を割るラッコ
ラッコは何世代にもわたって道具を使用してきた。現在、考古学者たちがその秘密に迫ろうとしている。

 考古学者は先史時代のゴミを見るだけで多くのことを言い当てられる。太古の昔、腹を空かせた人々が砕いた貝殻の山から、私たちヒトがどこで、どのように、どれくらいの間、暮らしていたのかを読み解くのだ。

 科学者たちは現在、同じ考古学的手法を用いることで、ある絶滅危惧動物の新たな側面を解き明かそうとしている。(参考記事:「乱獲で激減、絶滅危惧のラッコ」

 その動物とは、ラッコ。野生のラッコは普段から、貝を石に叩きつけて開けている。道具を使用する数少ない動物の一種だ。研究者たちは、カリフォルニア沿岸で貝を割るカリフォルニアラッコを観察し、石の摩耗具合や捨てられた貝殻の割れ具合を分析して、意外な結論を導き出した。(参考記事:「動物大図鑑 ラッコ」

貝殻の同じ側に割れが集中していた

 例えば、捨てられた貝殻の同じ側に割れが集中していたことから、ここに暮らすラッコの多くは右利きであることが示唆された。かつては類人猿とヒトだけが「利き手」を持つと考えられてきたが、カンガルー、シロナガスクジラ、そして今回のラッコでの調査によって、「利き手」を持つとされる動物の範囲は広がるばかりだ。(参考記事:「カンガルーは左利き、有袋類の利き手研究」

 3月14日付け学術誌「Scientific Reports」に発表された研究によって、捨てられた貝殻の堆積量や石の摩耗具合から、ラッコたちがいつからこの地で採食を行ってきたのかを推測できることが示された。こうした考古学的方法の有用性を証明できれば、今後、ほかの研究にも使えるようになる。

「ラッコがどれくらいの期間にわたって道具を使ってきたのか、そしてどれくらい道具使用が広がっているのかについて調べられるようになります」と、研究を率いた米国モントレーベイ水族館のジェシカ・フジイ氏は話す。

次ページ:ラッコ研究者と霊長類考古学者がタッグ

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

100年後も見たい 動物園で会える絶滅危惧動物

『ナショナル ジオグラフィック別冊』シリーズの第7弾。動物を絶滅から救うプロジェクト「フォト・アーク」の一環。付録:A5サイズ・特製クリアファイル付き!

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加