【動画】犬がてんかん発作のにおい判別、初の証明

発作を予知する謎の一端を解明し、患者を守る手がかりに、最新研究

2019.04.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】てんかん発作のにおいを判別する犬たち
発作の最中に取られた汗のにおいを見つけたら、そのまま鼻を入れておくと、遠隔操作式の機械でごほうびのエサがもらえるように犬はあらかじめ訓練されている。次に、同じ人の汗が入った7つの缶のうち、1つだけに発作中の汗をランダムに入れて実験を行うと、犬たちはてんかん発作のにおいを確かにかぎ分けた。(字幕は英語です)

 イヌはその驚異的な嗅覚によって、人間の技術では不可能なことを数多くやってのける。例えば、薬物、爆発物、さらにはがんなどの病気までかぎ当てられる。訓練によって、てんかん発作に対処し、発作が起こる前に感じ取ることさえある。(参考記事:「鋭敏なのは嗅覚だけじゃない! 犬たちの超感覚」

 とはいえ、訓練の効果にはかなりばらつきがあり、発作の兆候がわかるという科学的な根拠もなかった。どういう仕組みでイヌにそれほどの芸当が可能なのかも解明されていない。行動、動作、あるいはにおいがわずかに変化するのだろうか?

 議論が続くテーマだが、このたび訓練の手がかりになりそうな成果が発表された。3月28日付けの学術誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表された研究によれば、人はてんかん発作が起こっているときに特有のにおいを出しており、イヌはそれを認識できるという。これが論文で証明されたのははじめてだ。(参考記事:「「犬の性格は飼い主に似る」は本当だった」

「これにより、今後の実験や訓練方法によって、イヌがてんかんの発作にうまく対処したり、発作が現れる前に気付けるようになる可能性が出てきました」と、論文の筆頭著者で、フランス、レンヌ大学の博士課程に在籍するアメリ・カタラ氏は話している。

 著者たちは、タイプが異なるてんかん患者5人から、発作が起きているときや、休息、運動などさまざまな活動をしているときの汗を採取した。

 次いで、汗のサンプルを缶に入れ、てんかん発作中のサンプルがどれに入っているか、5匹のイヌに探させた。その結果、訓練によってかぎ分けられることが分かった。

 誤解のないよう記しておくと、研究で使われたサンプルは発作の前ではなく最中に取られたもので、この化学物質が何なのか、どの時点で出るのかは分かっていない。

次ページ:発作の15分~45分前に察知するイヌも

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

シーザー・ミランの 犬が教えてくれる大切なこと

人生の節目には必ず犬が寄り添い、導いてくれた。シーザー・ミランが語る、犬とともにある幸せと愛。

定価:本体2,000円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加