新種の極小カエルを発見 ホチキスの針サイズ

「ミニ・マム(Mini mum)」と名付けられた極小のカエルは、マダガスカル東海岸沿いに生息し、落ち葉を周りに生息している。(PHOTOGRAPH BY DR. ANDOLALAO RAKOTOARISON)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー