一見何の変哲もないこの丘こそ、古代都市エルサの富裕層たちのゴミ捨て場があった場所だ。(PHOTOGRAPH BY GUY BAR-OZ)
[画像をタップでギャラリー表示]

 約1500年前、東ローマ(ビザンチン)帝国の東端、現在のイスラエルのネゲブ砂漠にあったエルサ(ハルザとも呼ばれる)は都市として隆盛を極めていた。最大2万人の人口を抱えていたこの街には、劇場、公衆浴場、教会、工房があり、また革新的な水管理システムのおかげで、エルサの有名な輸出品として知られるガザのワインを作ることができた。この貴重な白ワインは、地中海一帯に流通し、遠くは現在のフランスにまで運ばれていた。 (参考記事:「ビザンチン時代の教会型ランタン」

 ところが、それから200年もたたないうちにエルサは崩壊し、街は壊され、残った建造物も砂丘の下へと埋もれていった。

 歴史家たちはこれまで、ビザンチン帝国のネゲブ地方における社会・経済のシステムは、7世紀中頃の初期イスラム勢力の勃興によって衰え、それに伴って、エルサの資金源だったワインの生産制限といった変化が押し寄せたのだと考えてきた。

 しかし、エルサのゴミ捨て場をくわしく調査した結果、考古学者らは、街の衰退はイスラムの影響が及ぶ約100年前に起こっていたことを発見した。これは従来、ビザンチン時代の絶頂期と考えられてきた時期だ。なぜこんなことが起こったのだろうか。その原因は、遠く離れた場所の火山が立て続けに噴火したことによって引き起こされた、気候の急激かつ破滅的な変化だった、というのだ。

 2019年3月25日、学術誌『米国科学アカデミー紀要(PNAS)』に発表された論文には、イスラエル、ハイファ大学の動物考古学教授、ガイ・バル=オズ氏のチームが行った、エルサのゴミ捨て場跡の発掘調査の概要が記されている。

参考ギャラリー:スロベニアの古代墓地から出土した装飾品や石棺 写真9点(画像クリックでギャラリーページへ)
1700年前の青いガラスの器。直径20センチほどの大きさで、墓地の中心に埋葬されていた女性の隣に置かれていた。「長寿のため、永遠の命のために飲み干せ!」という意味のギリシャ語が刻まれている。(PHOTOGRAPH BY ARNE HODALIČ AND KATJA BIDOVEC)

次ページ:ゴミは宝の山だった

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

最強の帝国

覇者たちの世界史

『ナショナル ジオグラフィック別冊』シリーズの第9弾。古代から近代まで、歴史上に現れた世界の強大な帝国を詳細に解説したビジュアル歴史読本。

定価:本体1,400円+税