エナンティオルニス類のひな鳥は、孵化してすぐに巣を離れる。イラストは1億2500万年前の湖岸の想像図。(ILLUSTRATION BY JULIUS T CSOTONYI / HKU VERTEBRATE PALAEONTOLOGY LABORATORY)
[画像をタップでギャラリー表示]

 これまでに発見された白亜紀の鳥の化石の中で、特に小さなものにレーザーを照射して調べたところ、古代の鳥のヒナにはニワトリのヒヨコのように羽毛があり、生まれてすぐに走れた(ひょっとすると飛べた)可能性があることが新たな研究でわかった。この研究は、学術誌『Scientific Reports』に発表された。 (参考記事:「恐竜絶滅、なぜ鳥だけが生き延びた?」

 1億2700万年前の白亜紀初期、ヒナを食べようと狙う小型肉食恐竜はたくさんいた。当時、生まれたてのヒナが巣を離れることが可能であれば、有効な生き残り戦略だったと考えられる。 (参考記事:「恐竜時代の奇妙な鳥の新種化石を発見、謎深まる」

 研究対象となった全長3センチほどのヒナは、白亜紀に一般的だった「エナンティオルニス類」と呼ばれる古代の鳥の一種だ。くちばしの中に歯があり翼には爪をもっているが、それ以外の見た目は現代の鳥類と非常によく似ていたと考えられている。(参考記事:「古代の鳥の新種を発見、北米最大級」

 今回のヒナの化石が見つかったのは実は10年以上前だ。当時の調査では化石から羽毛の痕跡が見つからず、研究チームは、ヒナは孵化直後に飛ぶことはできなかっただろうと結論づけていた。

 ハト、タカ、オウムなど現生の鳥類の3分の2は、いわゆる留巣性の戦略をとっている。留巣性の鳥のひなは羽毛がなく、目は閉じた状態で生まれ、巣の中から出ることなく親の世話を受ける。 (参考記事:「【動画】残りあと400組、フィリピンワシの子育て」

 今回の論文の共著者である米科学振興財団のマイケル・ピットマン氏は、「ヒナに羽毛がなければ、その鳥は留巣性であることを示しています。つまり、生まれたときは羽毛がなく、自分では自由に動くことができず、親に世話をしてもらわなければなりません」と説明する。

2枚の岩板に残されていた1億2500万年前の鳥の化石。両側の2枚は通常光で撮影したもの。スペイン、ラス・オヤスでこの化石が発見されたときの分析では、羽毛の痕跡は見つからなかったが、レーザー誘起蛍光(中央の写真)という手法で調べた結果、羽毛の存在が明らかになった。(PHOTOGRAPH BY KAYE ET AL. 2019)
[画像をタップでギャラリー表示]

次ページ:新技術でヒナの化石から羽毛を発見

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

恐竜がいた地球

2億5000万年の旅にGO!

今からおよそ2億5000万年前から6500万年前、「進化の爆発」ともいえる時代の地球。恐竜はもちろん、海の生物や虫たちまで、この時代の生き物たちを迫力のビジュアルで紹介します。

定価:本体1,400円+税