凍結した精巣使い出産、サルで成功、不妊治療に光

体外受精で精子を卵子に注入するところ。現在、不妊症の治療として、体外受精が広く行われている。しかし、小児がんや他の病気のせいで精子をつくれなくなった男性に対する治療法はまだない。(PHOTOGRAPH BY M.I. WALKER/SCIENCE SOURCE)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー