凍結した精巣使い出産、サルで成功、不妊治療に光

小児がんで精子をつくれなくなった男性に対する治療法はなかった

2019.03.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
体外受精で精子を卵子に注入するところ。現在、不妊症の治療として、体外受精が広く行われている。しかし、小児がんや他の病気のせいで精子をつくれなくなった男性に対する治療法はまだない。(PHOTOGRAPH BY M.I. WALKER/SCIENCE SOURCE)
[画像のクリックで拡大表示]

 性的に成熟する前のサルから採取・冷凍保存した精巣を使って、子どもを誕生させることに、米国の研究チームが初めて成功。研究成果が3月22日付けの学術誌「サイエンス」に発表された。

 今回の研究成果は、小児がん患者に希望をもたらしそうだ。

 抗がん剤治療や放射線治療では、副作用による精巣障害で精子をつくれなくなる可能性がある。成人男性なら、治療を始める前に精子を凍結するという選択肢もあるが、まだ精子の生産が始まっていない少年の場合にはこの方法は採れない。

 そこで今回の方法では、未成熟のアカゲサルから採取・冷凍保存しておいた精巣組織を、ふたたびサルの皮膚下に移植、成長させ、精子をつくらせることに成功。その精子を使った体外受精により、サルの赤ちゃんを誕生させたのだ。その赤ちゃんは、研究を行った個体にちなんで「グレイディ」と名付けられた。(参考記事:「解説:サルのクローン誕生、その意義と疑問点」

 現在、小児がんの生存率は80%を超え、こうした不妊治療の必要性が高まっている。すでに世界中の病院で思春期前の男児の精巣組織が凍結されており、今回の論文の共著者で米ピッツバーグ大学医療センター、マギー婦人科研究所の上級研究員カイル・オーウィグ氏の推定によると、少なくとも1000人の患者が精巣組織を冷凍保存することを選択したという。

 冷凍保存した組織を用いる不妊治療法は、研究はあるものの患者に応用された例はない。今回のグレイディ誕生は、その状況を変えるかもしれない。「将来の臨床応用に向けた大きな一歩です」とベルギー、サン・リュック大学病院の婦人科・男性科部長クリスティーン・ウィンズ氏は話す。なお同氏は、今回の研究には関わっていない。

「精子を得て終了」ではなかった

 2002年に初めて報告されて以来、この治療法に関する研究は長年続けられてきた。その対象は、マウス、ブタ、ヤギ、ウサギ、イヌ、ネコ、ウマ、ウシなど多岐にわたる。これらの動物の未成熟の精巣組織を採取、マウスに皮下移植し、成熟させることで精子をつくらせることにも成功している。

 しかし、赤ちゃんが生きて誕生することはまれだった。精巣組織を同じ動物に再移植して成熟させた研究も、これまで数例しかない。また、こうした研究の大半は、組織を冷凍保存せずに行われた。将来、不妊治療に使うなら、冷凍保存での実験は不可欠だ。ほかにも、ヒトに近い動物であるサルに凍結組織を再移植する実験も行われてこなかった。(参考記事:「蘇生を願い、人体を冷凍保存する人々 写真16点」

次ページ:「患者の人生の可能性を奪ってきたのです」

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

脳の謎

誰も知らない隠された能力

謎の多い人間の脳について、最近の科学的進歩を解説した書。人間の脳に関する「100の謎」を、学習、知能、意識、情動、加齢の5つのテーマに分類して、豊富な写真・イラストとわかりやすい文章で説明しています。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加