定説覆すカエルの性転換、米で発見、謎深まる

周囲の環境に合わせて性別変える可能性も、米国の池18カ所で調査

2019.03.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高レベルの汚染とは無縁の森に囲まれた池でも、ブロンズガエル(Rana clamitans)は性転換することがある。(PHOTOGRAPH BY JOHN CANCALOSI, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 ある生きものが、オスとメスのどちらになるのかは、どうやって決まっているのだろうか? カエルの性別は、私たちが思っていたよりもずっと込み入っているようだ。

 爬虫類や魚類などのように、環境によって性別が大きく左右される生物がいる。例えば、温かい砂の中で育ったウミガメはメスになりやすい。一方で哺乳類の性別は、遺伝的性質との結びつきが強い。子宮にいる時点でオスの遺伝子型なら、オスになる可能性が高い。(参考記事:「オスがメスに、メスがオスに1日20回も変わる魚」

 カエルなどの両生類は、その中間に位置している。性別は主に遺伝で決まるものの、環境の影響も受ける。実験室では、合成エストロゲンや除草剤といった特定の汚染物質によって、遺伝的にはオスのカエルがメス化するという結果が出ている。(参考記事:「オスメスの進化、緑藻から仕組みを探る」

 こうした現象が野生でも起こることをうかがわせる研究結果が出始めている。2014年に学術誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に掲載された論文では、米国で汚染物質を多く含んだ排水が郊外の池に流れ込むことで、オスのオタマジャクシがメスに変わっている可能性が示された。

 そして同じ研究グループが調査を続けたところ、比較的自然が保たれた森の中の池でも、性転換が起こっていることが分かった。少なくともこの種では、性転換は自然現象なのかもしれない。(参考記事:「宿主を性転換させる寄生バクテリア」

次ページ:性転換したカエル、インターセックス(間性)のカエル

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:本体3,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加